編集部イチオシSelection [2021年11月]

2021/11/26(金)09:00
img

毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーたちから、見逃せない ”今月のイチオシ1本” をお届けします。今月はゲストに、48[守]で初の師範をつとめるジャイアンこと角山祥道師範、そして現在47[破]受講中の学衆 加藤陽康さんをお迎えして、ワイワイお届けいたします。学衆さんにゲストSelectしていただくのは初となります。

 

では、遊刊エディストをさらに楽しむ「エディスト・セレクション」、どうぞ。

 

◎遊刊エディスト編集部◎ 吉村堅樹 林頭, 金宗代 代将, 川野貴志 師範, 後藤由加里 師範, 上杉公志 師範代, 梅澤奈央 師範、松原朋子 師範代、47[破] 加藤陽康、角山祥道 師範

 

    • 1  副編集長 金’s イチオシ! 
    •      ─ “ざわざわ”Pick!

 

⦿【AIDA Season2 第1講 速報!】七巨頭、豪徳寺に会しておおいに問題提起する

 

[AIDA] のSeason2が始まった。テーマは「メディアと市場のAIDA」。「シーズン」とつくと海外ドラマのようだが、[AIDA]は面白い海外ドラマのように面白い(どうせなら、もっと海外ドラマに寄せて、各シーズンの主題歌もつくってもらいたいし、ゾクゾクするトレイラーも見てみたい)。
この記事のように、エディストも連動して、ニュース記事を出していく予定なので、ぜひフォローしてみてほしい。近々、公式サイトもオープンされる。ちなみにボードメンバーの大澤真幸は多読ジムSPコースの第一弾のゲストでもある。多読SPの盛り上がりっぷりもすごい。いま、イシスで”知”殻変動が起こりつつある…。── 金 宗代

マツコ
マツコ
Anthropoceneの時代。Post-pandemicの到来。私たちはこの先、どんな編集的社会像を描いていけばいいのか。Edist記事を通じても、皆さんと一緒に模索していきたいですね。

 

いきなりマツコ’s Plus 4 !

 AIDA Season1のレクチャー録!執筆はもちろん金副編集長。

  ●「編集の世紀」のために:⽯弘之【AIDA01】

  生命的建築とは何か:隈研吾【AIDA02】

  進化するアーキタイプ:倉谷滋【AIDA03】

  持たざる水戸の皇国史観:片山杜秀【AIDA04】

  • 2 マエストロ上杉’s イチオシ! uesugi
          ─ 応援ファンファーレでPick!

 

イシスの”知”殻変動の兆しがこちらでも。花伝所が”編集的振動”に波立っています。

 

⦿[週刊花目付#20] 編集的振動状態を励起せよ

ここ数期、花伝所が始まるたびに密かに心待ちにしている連載です。ライターは深谷もと花さん。34[花]で花目付ロールに抜擢された2020年秋以来、講座の動向を深谷さんならではの注意のカーソルで描出しています。

花伝所の日々が綴られる中、時折滲み出る、以下のような深谷さんの花伝生へ期待や譲れない編集工学へのおもいに、読み手も思わずゾクゾク・ワクワクと振動せずにいられません。

36[花]20名は、自己言及の倍近い言語量を費やして他者交流を志向している。

「速さと深さを両立するのは難しい」と多くの人が口にする。けれど私はそれに共感しない。(中略)そもそも「速度」と「深度」は、「感度」を親とする二点分岐なのだと思う。

第1回([週刊花目付#001] 解釈の冒険、あるいは表象の発見)から通読いただきたい連載です!  ──上杉 公志

マツコ
マツコ
この季節がやってきました、深谷花目付のダイアリー。花伝所におくる日々の温かい気持ちがあふれ出す連載です。[守][破]の学衆さんには特におススメ。師範代の気持ち、知りたい方は週刊花目付をどうぞ!
  • 学衆代表 加藤’s イチオシ! 
          ─ 学衆目線でPick!

 

⦿私と世界がつながる方法 36[花]入伝式10shot

 

「遊刊エディスト」はちっぽけな一学衆の僕をして秋祭りの景色に見えます。弱ったフィラメントの白熱電球に照らされて綿菓子や仮面が変形する、露店のひしめきというあの薄い膜でできた鳥居を抜けて、拝殿にて氏子が神事を仕る場の感が、この記事に乗ってやってきたと思いました。世界との嵌まり込みに際して私の脆さを受け容れる表情がうつります。一人一人が別々の切実を消化不良しているという眼横鼻直さがあります。まなざしの奥に祭り囃子が聞こえます。──加藤 陽康

マツコ
マツコ
加藤さん、雰囲気ありますねぇ。選んでくださったのは編集部 後藤さんの10shot。さっそく感想を伺ってみましょう。後藤さん、いかがでしたか?
実はこの10shot、能舞台を思い描きながら書いたので、そこからお囃子や祭りという神事を感じるのはあながち遠くないんですよ。筆者としてはその繊細な感受性にあっぱれ。汲み取っていただいて嬉しいです☺
後藤
後藤
マツコ
マツコ
おー、そうだったんですね。加藤さんの感性がかいまみれました!では、私からもPlus🐶、しちゃいましょ~

マツコ’s Plus 🐶  加藤さん、Edistデビューの巻。

 

バンキシャは見た!イシスDANZEN 五人衆【77感門】

 

4 後藤’s イチオシ! 

  •      ─ 文化と遊べ!でPick!

 

⦿予告篇という愛すべき詐欺師たち OTASIS‐25

 

本と同じくらい映画が好きな」太田香保総匠によるOTASIS最新号。映画の予告篇を新たな分類でわけ、その”詐欺師”っぷりを堪能するという。新しい価値観を提案してくれています。本篇を見たらその存在を忘れがちな予告篇。これからは本篇鑑賞後に予告篇に一旦戻り、そこに込められた編集にも目を凝らして、自分がいかに素敵に騙されたのか、じっくり考えてみるのも編集稽古になりそうです。予告篇のみならず、本の帯についても分類して欲しいとリクエストしたいです。
ちなみに最近、レディ・ガガ主演「ハウス・オブ・グッチ」(リドリー・スコット監督)の予告篇を事あるごとに見て胸を高鳴らせています。さて、吉と出るか凶と出るか。── 後藤 由加里

マツコ
マツコ
OTASISの連載が早くも25まで蓄積されていることに尊敬のまなざしを隠せないマツコです。そして映画の予告編、好きです。ピンポイントですが、ほんと、「ワールド・ウォー・Z」の「Z」がZombieのZだったなんて!そうそうそう!の瞬間でした。香保さんの記事が、いつもいろいろな”フィルター”で世界をおもしろく映し出してくれています。please check OTASIS out!
        • 5 梅澤’s イチオシ! 
        •      ─ キャラ立ちでPick!

 

⦿ISIS館 紅白憚読合戦① 2021神無月篇

 

伏せられたら開けてみたい。隠されたものは暴きたい。女湯に忍び込みたいという禁じられた欲望、それがこの記事で満たせるかもしれません。

エディスト初の覆面記者が潜入したのは、ゴートクジのトイレ。男子閑所には『うんこの博物学』がふんぷんと臭い、女子化粧室では田中優子先生に絶対的自由を秘伝されているらしい。なぜMは、あの薄暗い個室でサントリー学芸賞に輝く重厚な映画論を読ませるのか。遊刊エディスト読者が決して知り得ないネタが、今月スクープされました。
この記事の仕掛け人は、ISIS館の住人だという「赤堤憚読組」。書き手も語り手も匿名であるからこそ、トイレ本の実態とその謎だけが余計妖しくネオンに照らされるようです。予想外の本がそこにあるだけで、我々は出すものもそこそこに、小さな個室で考える人になってしまう。あたかもバンクシーの企みに翻弄されるような愉悦をおぼえました。やはり、BOOK BOBMER SEIGOWです。── 梅澤 奈央

マツコ
マツコ
秘された編集工学研究所の一部があかされましたね。マツコ、 “What?!”ってなりました。これトイレですか?このまま書店に提案してもいいような書棚じゃあないですか。「用を足す気にならないトイレ世界一」にいま認定!しました(笑)それと赤堤憚読組なる謎集団が初登場ですね。これからも様々なマル秘を明かし続けてくれるだろうか?!期待しましょー
        • 6 角山’s イチオシ! 
        •      ─ 目の付け所にハッとしてPick!

 

⦿【47[破]師範代エディション】稽古にはエロティックなパサージュを? 学衆が読みたい千夜10選

⦿ 編集かあさんvol.27 なんでもスコア

 

オレサマに1本に絞れだと? 生意気な。イシスのジャイアンさまが選ぶのはこの2本だ! という前フリは冗談ですので念のため。

「注意のカーソル」の当て方次第で何でも事件になる、とは遊刊エディストで学んだことですが、中でもハッとしてグーなのがこの2本。

ウメコ番記者がカーソルを当てたのは「47[破]師範代が開講に際して、教室や勧学会にどんな千夜を持ち込んだのか」。

この切り口ひとつで、教室の日常を事件化しています。「編集かあさん」のテーマは長男くんの「なんでもスコア化」。

彼の手にかかればオセロゲームの推移もスコアに! 守の「わける」稽古に繋がる視点です。どちらも、注意(attention)の力に目を見張りました。── 角山 祥道

マツコ
マツコ
イシスのジャイアン様はさすが、2本を関連付けてSelection、技が効いています。番記者ウメコの記事編集術がめざましく、編集かあさん家長男くんの編集応用力がいきいきと。注意のカーソル次第で事件になる、うーむ、なるほど!!編集術を学ぶと、毎日が事件だらけ、Edist記事のネタだらけ、ですね?(笑)

7 吉村林頭’s イチオシ! yoshimura

        •      ─ イシスの今をPick!

 

⦿大澤真幸の四つの”読みスジ”【超人気講座★多読SP】

永久保存版のお宝記事だ。多読ジムスペシャル「大澤真幸を読む」のオープニングセッションでは著者・大澤真幸自らが1時間以上に渡って、『世界史の哲学』をいかに読むかという視座とライフワークともいえる大著を手がけるに至った二つの動機が明かされた。動機の一つは日本の人文知の土壌の目を覆わんばかりの衰退への憂い、もう一つは登校拒否だった高校時代の恩師である世界史の先生への40年越しの応答。受講者である読衆の熱意が大澤にここまで語らせた。歴史的一日の記録でもある。── 吉村 堅樹

マツコ
マツコ
多読ジムから新たにスペシャル・コースが誕生したんですよね。著者ご本人からの講義&直接対話、とってもゴージャスですねぇ♪ゴージャスといえば記事のカバーフォトもゴージャスで、「たくさんのわたし」ならぬ「たくさんのまさち」。最後12月には大澤さん自らが作品を読んで講評してくださるのだそう。ご参加の読衆のみなさまには難関な書物に猛烈アタックしていただきたいですね。

 

 

みなさんのオシは、見つかりましたか?

以上、2021年10月の記事から、編集部イチオシ記事を厳選してお届けしました。
また次回もどうぞお楽しみに~


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • イシスDO-SAY 2021年11月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。 編集学校の入門コース[守]が10月に開講となりました。が、まだ間に合いま […]

  • 編集部イチオシSelection [2021年10月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーたちから、見逃せない ”今月のイチオシ1本” をお届けします。遊刊エディストをさらに楽しむ「エディスト・セレクション」、どうぞ。   ◎遊刊 […]

  • イシスをDAN ZENにする7人【iGen007】上杉公志 ピアノ奏でる エディストの貴公子

    ■イシスをDAN ZENにする iGenセブン   松岡正剛をして「きっと次代のスターになるだろう」と言わしめたイシスiGen7人衆がいる。 その活躍は目覚ましく、師範講義に遊刊エディスト、エディットツアーなど […]

  • イシスDO-SAY 2021年10月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。コース開講目白押し!ようこそInteractive System of I […]

  • イシスをDAN ZENにする7人【iGen006】加藤めぐみ AI疑惑の超絶アーチスト 謎めく21世紀の女

    ■イシスをDAN ZENにする iGenセブン   松岡正剛をして「きっと次代のスターになるだろう」と言わしめたイシスiGen7人衆がいる。 その活躍は目覚ましく、師範講義に遊刊エディスト、エディットツアーなど […]