ああ、それでもジャイアンは歌う――46[守]新師範代登板記 ♯1

10/15(木)20:45
img

 10月3日の[守]伝習座を前に、「教室フライヤー」作成の課題が出た。教室名とイシスをインタースコアせよ、という。イシスのジャイアンは吠えた。面白ぇじゃねぇか。ペンを握り、紙に思いをぶつけた。提出は教室名発表の3日後。当然、ダントツの一番乗りである。
 八田英子律師からすぐにメールが届いた。
「リトライください」
 イシスのジャイアンはメドゥーサの首に睨まれた如く固まった。
 師範代になっても再回答とは……。

▲手書きで1時間かけた「ボゲ~」が飛び出す、最初に作ったフライヤー。

 

 ジャイアンにとっての編集学校の歩みは、再回答と共にある。
 まだ「ファーストペンギン」を名乗っていた頃、数々の袈裟切り伝説を持つおかっぱ頭の師範代から、43[破]全体で真っ先に再回答を請われたのは、誰であろうジャイアンである。
 そのあとも、一番に飛び込んではアザラシ師範代に食いちぎられるという日々が続いた。指南の書き出しは「かわいいペンギンちゃん」なのだが、そのくせガブリとやるのである。悔し紛れに、嫌味や皮肉を回答にしのばせたが、アザラシ師範代はそれらも丸ごと飲み込んだ。
 関西育ちの師範代はケラケラと言い放った。
「同じ稽古なら、回数やったほうがお得でっせ」

 

 回数? 初めて再回答を送った際の指南を読み返してみた。「嬉しいピンポンに、早速打ち返しますー」とある。
 ああそうか。再回答は「一緒にラリーしようよ」というお誘いだったのだ。ボールは常にこちら側にあった。打ったら必ず返してくれる。打たなければ戻ってこない。なんだ、だったらたくさん打ったほうが楽しいじゃん。気づくとジャイアンは、自主的に再回答を出すようになっていた。

 

 師範代にはいつなるのか。花伝所を出ればそれでいいのか。そうではない。そうか、師範代もまた、稽古なのか。ああ、日々是稽古。フライヤーのリトライ依頼も、ラリーの誘いだったのだ。もっと楽しめるよね、と。固まる必要なんてなかった。大いに遊べばいいのだ。

 

 ジャイアンの書斎には、『千夜千冊エディション』と『ドラえもん』が全巻揃っている。いちばん近くの本を手に取った。もちろん『ドラえもん』である。

 

《なやんでいるひまに、一つでもやりなよ》

 

 ドラえもんまで背中を押しているではないか。
 続いて『編集力』を手に取る。悩んだらこれに限る。
 あるページで手が止まった。ああ、この中にジャイアンがいるではないか!
 フライヤーの再制作にかかる。アイデアをノートに書き付け、何度も試してみる。ジャイアンは猫を撫でるのも忘れ歌い続けた。

▲再提出したフライヤー。ロジェ・カイヨワの『斜線』の頁が開いてある。


 ジャイアンはめげずに幾度も声を張り上げる。遠くに。ナナメに。それがジャイアンの矜持である。


  • 角山祥道

    編集的先達:坂口安吾。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代をしながら同時にエディストという前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • ジャイアン、恋文を請い願う――46[守]新師範代登板記 ♯2

    「たとえ何も書かれていない回答でも、ラブレターとしていつくしめる」  花伝所の道場師範のひとりは、こう豪語した。  学衆の回答は、ラブレターに喩えられることが多い。師範代は、出題という名の懸歌を学衆に贈り、学衆からの返歌 […]