ジャイアンの教室名 ――46[守]新師範代登板記 ♯4

11/06(金)09:08
img

 46[守]では、自己紹介が始まっている。
 学衆にしてみれば、学ぶ仲間の顔も知らず、誰に指南されるのかもわからず不安だろう。どっこい師範代の手元にも「氏名」以外の情報はこれっぽっちも手渡されていない。年齢や性別、肩書きなどの「属性」がわからないまま、回答に向き合う。

 

 自己紹介は、教室運営の鍵を握る。ここでどう胸襟を開いてもらうか。教室の仲間への関心をどう持ってもらうか。関心が増せば「共読」に繋がる。
 開催のタイミングは師範代に委ねられている。機を探りつつ、マクラを練る。「みなさま」と呼びかけるか、「みなみなさま」がいいか、いやいっそ「おっす!」で始めるか。考えるとキリがない。

 

 10月31日10時14分。開講後初の週末に「◆自己紹介フェス◆ さあ歌声を響かせよう!」と銘打って、自己紹介を仕掛けた。
 ジャイア~ン! みなが両手を広げて駆け寄ってくる。「照れるなぁ、おい」
 妄想だった。この日、自己紹介は届かなかった。

 

 11月1日14時49分。最初の歌声が響く。待ってました!
 ムムム? 
 4日までに9人全員から自己紹介が届いた。ペースは上出来だ。だが、最後の質問への答えを読むと、ムムム? となるのである。
 その質問はこれだ。
Q.「角道ジャイアン教室」と聞いて、どんなイメージをもたれましたか?

 

▲実際に送った「自己紹介」の一部。「お菓子な私」は思いの外好評だった。

 

 兄弟教室の師範代たちに聞いて回った。
「どんな意味だろう? という反応が多かったけど、それがどうしたの?」と、オコト妙音教室の関根まなか師範代。
 二度目の登板となるコロナ切れ字教室の大塚宏師範代は、「俳句をイメージした学衆や、辞書で意味を調べてくれた学衆、前向きなメッセージを受け取ってくれた学衆もいましたね」という。
 同期の師範代にも尋ねてみた。阿部幸織師範代(スターシード教室)は、「未来への可能性を想像してくれた人がいて嬉しかったなあ」という。三谷和弘師範代のかりぐらジョジョ教室は「やれやれだぜ」の声で占められたというが、もちろんこれはキャラの口癖である。他の師範代からも特にマイナスの話は聞こえてこない。

 

 あら? わがジャイアンツの返答は、ものの見事にマイナスイメージだらけなのだ。ある者は怯え、ある者は腹を立てた。
 予兆はあった。感門之盟で教室名が発表された時、守時代の仲間から、こんなメールが届いていたからだ。
《もう、いじめっ子ですってな感じで最高ですわ。角を曲がると道の真ん中に仁王立ちのお前がいる姿が見えるわ》

 

 教室名は師範代が考えた5案に、松岡校長が再編集をかけて仕上げた世界に一つだけの名前だ。今まで何度も繰り返されてきた説明だ。では「ジャイアン」は、どこからやってきたのか。
 生みの親は深谷もと佳師範(現・花目付)だ(遊刊エディストでのジャイアンの唯一のライバルである)。花伝所終了間際、ZOOM越しにこちらを凝視すると言い放った。
「しなやかなジャイアンになりなさい」
 そう、この教室名は校長を父に、深谷花目付を母にして生まれたのだ。

 

 問題はここからだ。ジャイアン=剛田武、という強固なイメージにどう立ち向かうか。
 乱暴者でガキ大将。「おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの」に象徴される強欲さと身勝手さ。
 ここに囚われているかぎり、学衆のイメージは更新されない。これらは表象的なものに過ぎないのではないか。ジャイアンには隠された意味があるはずだ。

 

 わたなべたかし師範からのメッセージが急に浮かんだ。一部から「ベイダー師範」と崇められていた破の時の師範だ。
 そのベイダー……もとい、仏のたかし師範から激励が届いていた。

《「おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの」
ジャイアンの暴言も見方を変えれば、引き受ける覚悟にあふれた言葉。共感と共苦……という言葉が浮かんできました》

 

 あぁ。引き受けていないのは自分か。
 教室からはおずおずとだが、指南への感想や、お互いへの感想の声が出始めている。素敵な歌声だ。
 よし、引き受けた。
 ジャイアンは指南で応えるべく、大声で歌った。よし、いける。エディットカフェを見る。回答と指南が譜面に見えてくる。
 ん? 指南の題名を3連続で間違えていた。慌てて送り直す。最初の週末のハタ迷惑なジャイアンリサイタルであった。


  • 角山祥道

    編集的先達:坂口安吾。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代をしながら同時にエディストという前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • ジャイアンは教室とともに――46[守]新師範代登板記 ♯5

    開講から4週間経とうとしている。 「師範代になって何が変わったか」とたびたび聞かれるのだが、期待される答えを返せたためしがない。聞く側は「世界の捉え方が変わった」的な答えを待っているのだろうが、ジャイアンに何を期待する […]

  • エディスト虎の穴・ジャイアン人物伝 #001 三浦友和の「たくさんのわたし」

    エディスト新人ライター・角山ジャイアンに示された「お題」は人物伝。海千山千のインタビュー経験を渉猟しながら、「イシスっぽい人」をイシスの外に見つけだす。果たしてジャイアンは、先達エディストライターを唸らせることができるの […]

  • ジャイアンとコップ――46[守]新師範代登板記 ♯3

    10月26日、ジャイアンの長い一日が始まった。  この日は46[守]の開講日だった。前日までに教室や勧学会の設えを整え、開講準備セットをアップした。  実はこの時点で、33花同期の猛者からは、「きんちょーーーーする」と […]

  • ジャイアン、恋文を請い願う――46[守]新師範代登板記 ♯2

    「たとえ何も書かれていない回答でも、ラブレターとしていつくしめる」  花伝所の道場師範のひとりは、こう豪語した。  学衆の回答は、ラブレターに喩えられることが多い。師範代は、出題という名の懸歌を学衆に贈り、学衆からの返歌 […]

  • ああ、それでもジャイアンは歌う――46[守]新師範代登板記 ♯1

    10月3日の[守]伝習座を前に、「教室フライヤー」作成の課題が出た。教室名とイシスをインタースコアせよ、という。イシスのジャイアンは吠えた。面白ぇじゃねぇか。ペンを握り、紙に思いをぶつけた。提出は教室名発表の3日後。当 […]