ジャイアン、祭の後――46[守]新師範代登板記 ♯7

2020/12/04(金)10:01
img

 怒濤の番ボー祭りが終わった。
 嬉しいことに、わが角道ジャイアン教室の面々は、3倍辛口モードのジャイアン指南も喜んで受け入れ、取り憑かれたように彩回答に励んだ。教室での番ボー関連のやりとりは全体で98回を数えた。9人全員がエントリーを成し遂げたことを、素直に誇らしく思う。
 期間中は毎朝、<勧学会>より、ヒント&激励の「ジャイアンVOICE」を届けた。機を見てその日の朝、内容を決めていたのだが、実はひとつだけ何日も前から用意していたのに、届けなかった手紙がある。

 

角道ジャイアン教室のみなさん
おはようございます。

 

番ボー祭り、真っ只中ですね!
今日は師範代の学衆のころのお話を少々。

 

みなさんの中にも「彩回答」がしっくり来ない方がいるかもしれません。
何を隠そう、師範代もそうでした。
学衆時代の番ボーを改めてチェックしてきたのですが、彩回答はたった2回。
忙しさを理由に、形だけの彩回答を返して、済ませていました。
エントリーもほとんどが最初の回答からです。
ところが、教室に10回も彩回答をした仲間がいました。
「よくやるよ」と傍目から見ていたのですが、いざ別院での講評で、評価されたのは10回彩回答の仲間でした。
彩回答によって回答が磨かれたんですね。
師範代にもその変わりようがわかりました。
そうやりきったんです。


では自分は?
あの時なんでいい加減だったんだろ。
なぜやり尽くさなかったんだろう。
この時の悔いが、師範代の中にはずっとあります。
アホな後悔です。
そして師範代は、そんな後悔をみなさんにしてほしくない。


さあ、いきますよ!
とことん付き合います。
一緒に走りきりましょう!

 

角山祥道@角道ジャイアン教室

 

 お祭りの間中、ジャイアンの頭の中をずっと占めていたのは、この時の「後悔」だ。フラジャイルや不足と言いかえてもいい。どうやったら彩回答にのってくれるか。ラリーの面白さに気づいてくれるか。七茶の「charm」に意義を見いだしてもらえるか。
 あの時足りていなかったことを、師範代になって埋めている。

 

 ハハハハハ。
 考えてみれば模範的な学衆ではなかった。取り柄はスピードだけ。型の理解もいい加減、振り返りも適当。お題に何度もケチをつけた。不良学衆である。そう、「不足」だらけなのだ。
 今期の登板師範代の中には、エントリーすらしなかったヤツもいる。何週間も稽古から逃げ出していたヤツもいる。どっこい、そういう不足だらけの師範代の教室は、番ボーで大いに盛り上がった。
 
 心配は杞憂に終わり、結局この手紙はお蔵入りとなった。角道ーズの熱意は、ジャイアンの杞憂など蹴飛ばし、師範代の「不足」の穴を彩回答で埋め戻した。なんのことはない、学衆たちは師範代のはるか先を走っていた。
 
 祭りの後、ひとりの学衆から彩回答が届いた。
 そこには「これは角道ーズだけへの回答です!」と書かれており、稽古や指南の様子が、お題に沿って一種合成されていた。

 

 おい、俺を泣かすとはいい度胸だな。

(2020.12.4)

 

▲教室での番ボーのやり取りをそのまま、光彩に変換してみる。9つの山が美しい。

◆バックナンバー

ああ、それでもジャイアンは歌う――46[守]新師範代登板記 ♯1
ジャイアン、恋文を請い願う――46[守]新師範代登板記 ♯2
ジャイアンとコップ――46[守]新師範代登板記 ♯3
ジャイアンの教室名 ――46[守]新師範代登板記 ♯4
ジャイアンは教室とともに――46[守]新師範代登板記 ♯5
ジャイアンの1週間――46[守]新師範代登板記 ♯6
ジャイアンの聞く力――46[守]新師範代登板記 ♯8


  • 角山祥道

    編集的先達:黒岩涙香。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代をしながら同時にエディストという前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • コロナも停電も乗り越えて――46[守]師範代座談会

    2020年10月26日に開講し、133日間走りきった46[守]。この期は、別院が想定外の盛り上がりを見せたり、各教室でエディティングキャラクターが突出したりと、「NEXTイシス」のうねりを感じさせる期となった。  では […]

  • ジャイアンの盟――46[守]新師範代登板記 ♯18

    3月13日、ジャイアンは本楼にいた。感門之盟に列するためだ。  卒門式では1分半で挨拶をせよ、という。本楼に向かう京急の中で挨拶文を考えながら、あることに気づいた。「何を喋ってもOK」という自由な時間――換言すれば時間 […]

  • ジャイアン問答【不足篇】――46[守]新師範代登板記 ♯17

    「編集は不足から生まれる」  今だから正直に言うが、ジャイアンは学衆の頃から、この言葉を掴みかねていた。師範代になってからもしばらく茫洋としていたのだが、ここにきてようやく、「これだ!」と思えるようになった。  教えてく […]

  • ジャイアン問答【対話篇】――46[守]新師範代登板記 ♯16

    卒門後も、角道ジャイアン教室のうねりが止まらない。現在は、「連絡網の名称決め」が、稽古さながらに熱を帯びている。たかが名称決め、と思うなかれ。こういう遊びに知力と時間を使う角道ーズをジャイアンは誇らしく思う。やはり「編 […]

  • ジャイアン花火大会――46[守]新師範代登板記 ♯15

    2月21日は、46[守]の卒門日だった。  10月26日に最初のお題が出されてからちょうど17週間。ここまで来たならひとりでも多くの学衆に、38番稽古を終えた後の景色を見せたい。師範代の共通の思いだ。46[守]の卒門に […]