ジャイアン、恋文を請い願う――46[守]新師範代登板記 ♯2

2020/10/23(金)16:29
img

「たとえ何も書かれていない回答でも、ラブレターとしていつくしめる」
 花伝所の道場師範のひとりは、こう豪語した。
 学衆の回答は、ラブレターに喩えられることが多い。師範代は、出題という名の懸歌を学衆に贈り、学衆からの返歌、回答を待つ。回答が届いたらもちろん、とびっきりのラブレター=指南を返す。回答と指南の交わし合いは、たしかに恋文のやりとりだ。

 

 と、ここまで書いて、ジャイアンは鼓動が早まった。
 [守]開講を数日前に控え、急にフワフワしてきたのである。
《恋をすれば、夜もねむれなくなる》《手紙を書かずにいられない》と書いたのは坂口安吾だが、これは恋なのか。まだ出会ってもいない学衆のおもかげを追って、勝手に恋い焦がれているのか。

 

▲恋文を読んでいるのは、寛永三名妓のひとり、夕霧太夫。誰だって恋文が欲しい。歌川豊国「古今名婦伝 新町の夕霧」(国立国会図書館蔵)

 

 こういう時は先達に聞いてみるにかぎる。
 例のおかっぱ頭のアザラシ師範代に、最初の回答を受け取った時の気持ちを尋ねた。
 さすが優しさ溢れる先達だ。今期は破の師範として錬破大詰めの忙しいタイミングにもかかわらず、すぐに返信が来た。

 

「こんな乱暴な依頼で、訊かれたらなんでも懇切丁寧に答えると思うなよ」

 

(笑)もついていたので、もちろん冗談である。冗談だよね? うん、冗談だということにしよう。

 

 ジャイアンは考えた。むむむ……。
 そうか、チームの師範に相談すればいいじゃないか。はなからそうすれば良かったのである。そのためのチームではないか。
 先の感門之盟の近大中継を目撃した方ならおわかりだと思うが、山根尚子師範はいつも笑っている。全日本スマイル選手権が開かれたら、佐藤栞里と決勝を争うレベルである。スマイラー山根師範ならこの鼓動を押さえてくれるに違いない。

 

「開講前ですか? 緊張とワクワクが絶妙に入り混じった “開講に向かって高鳴っていく” 気持ちを大切に味わっていました。気になって、初登板の時の錬守ラウンジを覗きに行ったら、錬守でカマエを叩き直してもらっていました。錬守を徹底的にやったおかげで、不安よりも未知に踏み出す冒険心が勝ったんですね」

 

 さすが師範である。
 パソコン画面に向かってニマニマしていると、メールの終わりのほうにこうあった。
「じゃあ痛ギモを快感にしちゃいましょうか?」

 

 痛ギモってなに?
 なんのことはない、錬守の追加課題だった。錬守<連>では12人の学衆に高速で指南を返すのだが、颯爽と13人目が登場したのである!
 山根師範、さすがヨガマスターである。こちらが限界まで曲げていないとみるや、ピンポイントで押してきたのだ。さすれば痛い。だが限界を突破すると、これが快感に変わるらしい。
 続く錬守<遊>は、先達をまねぶ稽古だ。ここでもヨガマスターからの笑顔たっぷりの恋文が届いた。
「じゃあ、これもやってみませんか?」
<連>で指南した回答からいくつか選んで、<遊>モードでやり直してみよ、という。いわく、常にジャイアン節をがなるのではなく、与件に応じて指南を自在に着がえなさい。
 口調は柔らかだが、有無を言わせない。この調子で錬守の無限ループが続く。<振り返り>すら、「じゃあ、これも」と何度もリクエストが来る。しまいにジャイアンは叫んでいた。

 痛ギモ、プリ~~ズ!

 

 ヨガマスターのおかげで、動悸・息切れは治まっていた。緊張もない。やることはやったのだ。あとは開講を待つのみ。晴れやかな気分だ。
 ああ、学衆からの恋文が待ち遠しい。
 回答、プリ~~~ズ!

(2020.10.23)

 

◆バックナンバー

ああ、それでもジャイアンは歌う――46[守]新師範代登板記 ♯1
ジャイアンとコップ――46[守]新師範代登板記 ♯3
ジャイアンの教室名 ――46[守]新師範代登板記 ♯4
ジャイアンは教室とともに――46[守]新師範代登板記 ♯5
ジャイアンの1週間――46[守]新師範代登板記 ♯6
ジャイアン、祭の後――46[守]新師範代登板記 ♯7
ジャイアンの聞く力――46[守]新師範代登板記 ♯8

 

 

 


  • 角山祥道

    編集的先達:黒岩涙香。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代をしながら同時にエディストという前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • コロナも停電も乗り越えて――46[守]師範代座談会

    2020年10月26日に開講し、133日間走りきった46[守]。この期は、別院が想定外の盛り上がりを見せたり、各教室でエディティングキャラクターが突出したりと、「NEXTイシス」のうねりを感じさせる期となった。  では […]

  • ジャイアンの盟――46[守]新師範代登板記 ♯18

    3月13日、ジャイアンは本楼にいた。感門之盟に列するためだ。  卒門式では1分半で挨拶をせよ、という。本楼に向かう京急の中で挨拶文を考えながら、あることに気づいた。「何を喋ってもOK」という自由な時間――換言すれば時間 […]

  • ジャイアン問答【不足篇】――46[守]新師範代登板記 ♯17

    「編集は不足から生まれる」  今だから正直に言うが、ジャイアンは学衆の頃から、この言葉を掴みかねていた。師範代になってからもしばらく茫洋としていたのだが、ここにきてようやく、「これだ!」と思えるようになった。  教えてく […]

  • ジャイアン問答【対話篇】――46[守]新師範代登板記 ♯16

    卒門後も、角道ジャイアン教室のうねりが止まらない。現在は、「連絡網の名称決め」が、稽古さながらに熱を帯びている。たかが名称決め、と思うなかれ。こういう遊びに知力と時間を使う角道ーズをジャイアンは誇らしく思う。やはり「編 […]

  • ジャイアン花火大会――46[守]新師範代登板記 ♯15

    2月21日は、46[守]の卒門日だった。  10月26日に最初のお題が出されてからちょうど17週間。ここまで来たならひとりでも多くの学衆に、38番稽古を終えた後の景色を見せたい。師範代の共通の思いだ。46[守]の卒門に […]