ジャイアンとコップ――46[守]新師範代登板記 ♯3

10/30(金)08:31
img

 10月26日、ジャイアンの長い一日が始まった。


 この日は46[守]の開講日だった。前日までに教室や勧学会の設えを整え、開講準備セットをアップした。
 実はこの時点で、33花同期の猛者からは、「きんちょーーーーする」という声が挙がった。誰の手も借りず「場」を整えるのだ。悩みは尽きない。
 当日、朝3時44分に目が覚める。開講はお昼なのでやることはないのだが、もう一度、001番のコップのお題をチェックする。朝の雑事をこなし、溜まっている仕事を片付ける。なかなか集中できない。

 

 11時31分、校長のメッセージが教室に流れる。
《いよいよ「守」が始まります。ここから諸君の「世界と自分についての見方」がおそらく劇的に変わるでしょう。それは私が保証する》
 きっと師範代も劇的に変わるに違いない。それを信じよう。

 

 12時ちょうど。学林局からの点呼が始まった。ジャイアンは昼飯を抜いて、パソコンの前にかじりついた。本当に点呼に応えてくれるだろうか。
 トップバッターは12時29分。来た! 4分後、「祝・入門&祝・第一声」の返信を送る。ジャイアンの鼓動は高鳴ったままだ。

 13時までに5人の学衆から応答があった。学衆の一人は、師範代からの「ようこそ」に返信までくれた。
 よし、ここだ。

 

 13時17分に出題スケジュールを投稿。その8分後に、001番のお題を出題する。
《まずは発声練習のつもりで、 \あ~~~~~/ と声を出すことを楽しんでください》
 と、ノリは「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さんである。はたしてこの声は、学衆に届くのか。

 

 14時30分。ほぼ1時間後に、最初の回答が届く。
 守の時の師範代の声が甦る。姫路城を眺めて暮らす理系の師範代は、こう言ったのだ。
「最初の指南ですか? 書く時は手汗が止まらなかったですね」
 辻井貴之師範代どの、あなたの言っていたことは本当でした……

 

 集中しろ、集中だ。全集中の呼吸だ!
 もちろん、「守の呼吸 壱ノ型 コップ切り」が飛び出るわけではない。こんなことを口にしても緊張が増しただけだった。
 
 こんな時は、方法に戻るしかない。お題を読み返す。

 コップをひとつの「情報」として捉え、できるだけたくさんのコップをあげる。これがお題だ。そのためには、コップの素材や形に着目したり、誰が、何を、どうした、という主語や動詞を動かしていく必要がある。
 ん? 主語を動かす?
 ジャイアンは朝から(正確にいうならその前日から)「緊張する」という言葉を発し続けていた。この主語は誰だ?

 

 わたしは、緊張する。

 

 紛れもなく「わたし」ではないか。
 鳥の目になって、主語をズラしてみる。

 

 学衆は、緊張する。

 

 コップの中に答えはあった。学衆こそが与件だった。
 そうだ、「わたし」をズラしてしまえばいいのだ。自ずからやるべきことが見えてきた。ただ、回答にアフォードすればいいのだ。学衆に寄り添えばいいのだ。学衆の緊張をほぐすのは、師範代の言葉=指南ではないか。

 出題から135分後の15時39分、最初の指南を返す。
 もう緊張はない。その日届いた4本の回答に、その日のうちに指南を返した。コップにビールが入っていればゴクゴク飲み干し、ポッキーが入っていればポリポリ食べた。思いも寄らぬ回答に「おおっ!」と声をあげ続けた。
 もう緊張していた「わたし」はいない。「型」というひみつ道具を手にしたジャイアンいう名の師範代が、9人の学衆と遊んでいるだけだった。

 

▲教室で初回答する気持ちをコップ&ペンギンで表現。「初めて」の勇気に拍手を贈りたい。


  • 角山祥道

    編集的先達:坂口安吾。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代をしながら同時にエディストという前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • ジャイアンの1週間――46[守]新師範代登板記 ♯6

       師範代としてのジャイアンには、常に「○○節」という評価がついて回る。キャラが立っているといえば聞こえがいいが、ようはモードの幅がないということではないか。  ムムム。いきなりフーテンの寅モードを持ち込むわ […]

  • ジャイアンは教室とともに――46[守]新師範代登板記 ♯5

    開講から4週間経とうとしている。 「師範代になって何が変わったか」とたびたび聞かれるのだが、期待される答えを返せたためしがない。聞く側は「世界の捉え方が変わった」的な答えを待っているのだろうが、ジャイアンに何を期待する […]

  • エディスト虎の穴・ジャイアン人物伝 #001 三浦友和の「たくさんのわたし」

    エディスト新人ライター・角山ジャイアンに示された「お題」は人物伝。海千山千のインタビュー経験を渉猟しながら、「イシスっぽい人」をイシスの外に見つけだす。果たしてジャイアンは、先達エディストライターを唸らせることができるの […]

  • ジャイアンの教室名 ――46[守]新師範代登板記 ♯4

    46[守]では、自己紹介が始まっている。  学衆にしてみれば、学ぶ仲間の顔も知らず、誰に指南されるのかもわからず不安だろう。どっこい師範代の手元にも「氏名」以外の情報はこれっぽっちも手渡されていない。年齢や性別、肩書き […]

  • ジャイアン、恋文を請い願う――46[守]新師範代登板記 ♯2

    「たとえ何も書かれていない回答でも、ラブレターとしていつくしめる」  花伝所の道場師範のひとりは、こう豪語した。  学衆の回答は、ラブレターに喩えられることが多い。師範代は、出題という名の懸歌を学衆に贈り、学衆からの返歌 […]