イシスをDAN ZENにする7人【iGen006】加藤めぐみ AI疑惑の超絶アーチスト 謎めく21世紀の女

2021/10/17(日)09:15
img

■イシスをDAN ZENにする iGenセブン

 

松岡正剛をして「きっと次代のスターになるだろう」と言わしめたイシスiGen7人衆がいる。

その活躍は目覚ましく、師範講義遊刊エディストエディットツアーなど編集学校のあちこちで頭角を現し、新しいメディエーションの方法を築き始めている。そんなiGenとは一体何者なのか? 

 

青春時代をポケベルとプリクラとルーズソックスで過ごしたロスジェネ世代の、感門之盟タブロイド紙「EditorShip」編集長 後藤由加里がiGenたちが日頃感じていることから、編集学校のこれからを訊いた。

遊刊エディスト紙上でも、7回に分けて特別転載してお届けする。

 

▲イシスのiGenは、千夜千冊1764夜『ホモ・デジタリスの時代』に登場した。

 

シリーズiGen、6人目はこの方。


iGen No.006 加藤めぐみ(35[花]錬成師範)

 

その謎めいた生態から「カトメグは桂大介(離右筆)が生み出したサイボーグ」という噂がまことしやかに囁かれている”21世紀の女”。言葉への感度は抜群。隠れファンも多い。

 

生誕年:1989年
編集学校歴:

<学衆として>

37[守]全番みつばち教室(鈴木哲也師範代/猿子修司師範)

37[破]毎日フィギュール教室(山田小萩師範代/前原章秀師範)

27[花]わかくさ道場(しみずみなこ花伝師範)

13[離]逍応院(蜷川明男別当師範代/野嶋真帆別番/小倉加奈子右筆)

 

<指導ロールとして>

40[守] ふかよみ吟醸教室師範代(深谷もと佳師範)
40[破] ふかよみ吟醸教室師範代(小倉加奈子師範)
多読ジム season01・02 スタジオ伴窓 冊師
34[花]・35[花] 錬成師範

 

 

Q1.密かにこだわっているフェチな雑品は?
GLOCAL STANDARD PRODUCTSの「Kop」。紙コップの形を模した薄い木のコップです。これを使い捨てないことと森林保護とは無関係で、ただ形と軽みと矛盾がひたすらセクシー。考え事をするときに両手の間で遊ばせています。

Q2.家から最寄り駅の間でなぜかどうしても気になっちゃうことは?
すれ違う人々のうち、スマホを覗いていない人の視界に映っている景色。特に、ちいさな子供やとびきり背の高い男性、道端に座りこんでいる人を見かけると、その目線の高さからの景色シミュレーションが起動します。

Q3.『情報の歴史21』で自分の生誕年以降の歴象で一番注目しているものは?
1997年の香港返還。1898年の展拓香港界址専条で定められた「99年間の租借」に基づくものです。人生100年時代といわれるけれど、人類は今後、99年後を想像した政治ができるのか、99年前の約束を果たすことができるのか。

Q4.編集学校でこれまでに誰かに言われて印象に残った一言は?
「相手の言う◯◯を、だいたい自分の××かな、とアナロジカルにゆらぎ込みであてはめあうとき、はじめてコミュニケーションは成立する」。離の2日目に蜷川明男別当がくださった言葉で、私にとっての「モデル交換」の定義。

Q5.編集学校で新しい講座やプロジェクトを立ち上げるなら?
自然言語処理、機械翻訳、音声認識、画像認識などの技術のさわりと認知科学を学び、技術含みの編集の可能性をさぐるような講座があると楽しいだろうな、と思っています。でもまずは、今ある講座をすべて受けてみたい。

 


 

■iGenかとめぐをもっと知るなら

 

初代は康代?! 千夜千冊クイズ全問正解で勝ち抜いたツワモノはダレだ?【77感門】/梅澤奈央

[週刊花目付#011]「生きているもの」を「生きたまま」扱う技能/深谷もと佳

デファクトスタンダードを突き破る 32[花]花伝敢談儀 10shot/後藤由加里

伝説の73感門コレクション 春の雪舞う百花繚乱/梅澤奈央

多読ほんほん2019/冊師◎加藤めぐみ

 

 

■シリーズiGen〜イシスをDAN ZENにする7名〜 

 

001:穂積晴明 外郎売りからDJまで 多芸多才のデザイナー

002:中村麻人 数理モデルを脇差に 解析フェチの編集侍 

003:梅澤光由 全身義体を夢見る エディトリアルジャズピアニスト

004:網口渓太 関西弁のミク太郎 憧れ力で起動する編集少年

005:梅澤奈央 獲物はイジって逃さない 言葉フェチの人気記者

006:加藤めぐみ AI疑惑の超絶アーチスト 謎めく21世紀の女

007:上杉公志 ピアノ奏でる エディストの貴公子

 

iGenロゴデザイン:穂積晴明


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • daidai

    イシスDO-SAY 2023年2月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2023年が始まりました。イシス編集学校は年始1月から編集行事が盛りだくさんでしたね。   […]

  • 【エアサックス加藤の三度目の突破10】窓からミュージアムが見える?

      スニーカーならエアマックス。NBAはエアジョーダン。ダイノジはエアギター。そしてイシスにはエアサックスと呼ばれる男がいる。 感門之盟で音楽を学ぶ卒門学衆としてフィーチャーされたものの、サックスの演奏が未熟だ […]

  • 【エアサックス加藤の三度目の突破09】ダース・カトウの再生はなったのか?

      スニーカーならエアマックス。NBAはエアジョーダン。ダイノジはエアギター。そしてイシスにはエアサックスと呼ばれる男がいる。 感門之盟で音楽を学ぶ卒門学衆としてフィーチャーされたものの、サックスの演奏が未熟だ […]

  • 【限定公開】6万冊の本の空間を堪能できるのは年始の今だけ!「本楼ツアー」1/28開催

    イシス編集学校には、「本楼(ホンロウ)」という秘密の空間がある。ここには、本棚になっていない壁はない。つまり、天井以外の全てが本に埋め尽くされた空間なのだ。柱の四面までもが書架になっている。本に翻弄されたいという、イシス […]

  • 1月の季語、ざぼん

    イシスDO-SAY 2023年1月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2023年も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   では2023年初、1月 […]