舞台裏でディティールを。ロール表沙汰 45[守]伝習座

06/07(日)01:00 img
img

45[守]伝習座の最後のステージは「松岡校長×康代学匠対談」。

 

詳細は後日公開予定だが、松岡校長は「康代さんが徹底的にこれを40分やり続けたことで、ディティールがアジールを超えている。もはや達人だね」と交わす場があった。

 

「僕はプラトンをやるときも寺田寅彦をやるときも、ディティールを徹底的にやる」と松岡校長はいう。

 

ここではオンラインの裏側で超部分を支える「ロール」を表沙汰。

 

ドキュメンタリープロジェクトの最前線

後藤由加里師範(左)と林朝恵師範(右)

 

オンラインとリアルをつなぐ見えない命綱

衣笠純子師範代(右)と伊藤有希スタッフ(左)

 

モニターと音声のライブリミックス

穂積晴明デザイナー(右)と松岡正剛事務所の西村俊克スタッフ(左)

 

松岡校長「鈴木康代にしかできなかったことをドキュメントにして欲しい」

植田フサ子師範(右)と梅澤奈央師範代(左)

 

群島スタジオの瀬を映像でつなぐ

池田かつみ師範代(上)と森本研二師範代(下)

 

伝習座の総監督 小森康仁ディレクター(右)

松岡正剛事務所の寺平賢司エディター&マネージャー(左)

 

松岡校長「編集には『よく気が付いて相談ができる相手』が必要。僕にとってその一人」

吉村堅樹林頭(奥)

 

今日は進行チェックとチャット発信ロールを。

田中晶子所長(左)。右手は佐々木千佳局長

 

タイムキープと進行管理で支える八田英子律師

 

松岡校長「紫陽花は所長に頼みました。どこにどう置くのか。これがもうお題なんです


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。

  • 20周年感門之盟の注目記事ピックアップ!

    やはり編集工学は「情報」とともにあった。   初の二日間開催となった20周年感門之盟のフィナーレから約一日。 この間にアップされた記事は30超、View数もエディスト史上最多を更新しつづけた。   9 […]

  • 感門フィナーレと余韻と【20周年感門】

    20周年感門は校長校話「EDIT JAPAN 2020」でフィナーレを迎えました。 終了後のオンラインでは見られない余韻に浸る東京会場の様子を写真でお伝えします。   【拍手で労い・寿ぐ】 「みんな、おつかれさ […]

  • 速報!『情報の歴史』予約開始 【20周年感門之盟】

    古代から現代まで。 象形文字から人工知能まで。   [破]のクロニクル編集術稽古の誕生のもととなった、松岡校長にしかできないクロニクル編集の『情報の歴史』。 1996年の増補版以来、約25年ぶりに令和時代の『情 […]

  • これがイシス流!本楼舞台転換の裏側【20周年感門之盟】

    オンライン越しではみえない舞台裏がある。 20周年感門之盟の風韻コーナーから物語、休憩をはさんで突破式へいたる間の本楼の舞台裏をお届けします。   1)12:00:本棚劇場での風韻の雨四光・四光・ポケット太夫の […]

  • 「編集遊牧民」による列島中継【20周年感門之盟】

    20年前から、とっくにイシスはリアルーオンラインだった。   鈴木康代学匠の「エディットツアーで全国を制覇したい」の一声と全国の師範・師範代ではじまったエディットツアースペシャル(ETS)。   20 […]