舞台裏でディティールを。ロール表沙汰 45[守]伝習座

06/07(日)01:00 img
img

45[守]伝習座の最後のステージは「松岡校長×康代学匠対談」。

 

詳細は後日公開予定だが、松岡校長は「康代さんが徹底的にこれを40分やり続けたことで、ディティールがアジールを超えている。もはや達人だね」と交わす場があった。

 

「僕はプラトンをやるときも寺田寅彦をやるときも、ディティールを徹底的にやる」と松岡校長はいう。

 

ここではオンラインの裏側で超部分を支える「ロール」を表沙汰。

 

ドキュメンタリープロジェクトの最前線

後藤由加里師範(左)と林朝恵師範(右)

 

オンラインとリアルをつなぐ見えない命綱

衣笠純子師範代(右)と伊藤有希スタッフ(左)

 

モニターと音声のライブリミックス

穂積晴明デザイナー(右)と松岡正剛事務所の西村俊克スタッフ(左)

 

松岡校長「鈴木康代にしかできなかったことをドキュメントにして欲しい」

植田フサ子師範(右)と梅澤奈央師範代(左)

 

群島スタジオの瀬を映像でつなぐ

池田かつみ師範代(上)と森本研二師範代(下)

 

伝習座の総監督 小森康仁ディレクター(右)

松岡正剛事務所の寺平賢司エディター&マネージャー(左)

 

松岡校長「編集には『よく気が付いて相談ができる相手』が必要。僕にとってその一人」

吉村堅樹林頭(奥)

 

今日は進行チェックとチャット発信ロールを。

田中晶子所長(左)。右手は佐々木千佳局長

 

タイムキープと進行管理で支える八田英子律師

 

松岡校長「紫陽花は所長に頼みました。どこにどう置くのか。これがもうお題なんです


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。