37[花] 調子はどうだい? 花伝式目演習第三週:メトリック(程)

2022/06/02(木)21:13
img

「式目演習の調子はどうだい?」

 

「式目演習の調子はどうだい?」

入伝生がそう問われたなら、自分と道場の状況を思い浮かべるだろう。答える言葉を選ぶとき、そこには「メトリック」が起動している。

 

メトリックは花伝式目のひとつである。metricの語は測定や距離を意味し「測る」を原義としている。メートル、メトロノーム、バロメーターとも同根の言葉だ。編集工学においては「測度感覚」とされ、花伝所では「程(ほど)」の字をあてる。

 

師範代の指南でも、いくつものメトリックを重ね、測ることによって、学衆の回答の持つ意味やイメージを読み解いていく。

 

 

「式目演習の調子は数字で分かる?」

 

M3演習の初日、くれない道場に突如、「発言スコア」を集計したISIS版セイバーメトリクスが届けられた。花目付・深谷もと佳からの差し入れである。

測定しているのは、応答速度、発言数、自由発言量、振り返り(FB)発言量だ。これらの測定値に簡素な関数をかませて「冗長度」「発言頻度」「言語密度」を導出している

[週刊花目付#004]ホドがある。

 

そこには、演習の調子が、詳細な数値としてスコアされていた。数字だけに囚われてしまえば、適正値に照らした正誤判断や、数だけを求めるいいね信仰に陥いるだろう。しかし、深谷は一人ひとりの数値を解釈し、言語化する。
  ──オンダは探究心を全開
  ──イナモリは雑談から思考を加速させる芸風
  ──イズミは道場で唯一「交流活性型」で場をホストする意識が高い
といった「見方づけ」を忘れてはいなかった。

 

そんな深谷スコアを受けて、くれない道場の花伝師範・中村麻人は「測るということの冒険」と評した。数理の人である中村自身も「データサイエンスモードに着がえ読みスジを共有したい」と企む。読みスジとは、情報を解釈するための「測り方」と言い換えることもできる。

 

データに読みスジが加われば、調子を読み取れるカプタ(解釈可能な情報)に変わる。「ナマの数字」ではない「読みスジ含みの数字」には、メトリックが躍っている。

 

 

「調子を『いじりみよ』?」

 

先ごろ、入伝生たちは師範代をもどき「いじりみよ」指南に取り組んだ。

 

「いじりみよ」とは、編集対象の「位置づけ・状況づけ」に対し、「理由づけ・見方づけ・予測づけ」を紡ぎ出すための創文の型である。

 

編集対象は、かならず何かしらの状況の中に位置づけられている。日本の私、蛍の光、窓の雪。私は日本という状況に置かれ、光は蛍のお尻に灯り、ただの雪ではなく窓の雪なのだ。その佇まいや趣きや動向、すなわち調子を「型」で読み解くことで、書き手独自のメッセージになっていく。そのときの「型」選びの意識こそが、メトリック感覚だ。

 

メトリックとは畢竟、どんなモデルで情報を分節化するかという、検討と決断の方法である。

 

学衆は、いくつものメトリックを試行錯誤し創文する。師範代は、メトリックからの要約と連想を促し、ときに別様のメトリックを示唆していく。

 

 

「君と世界の調子はどうだい?」

 

「君と世界の調子はどうだい?」

ユクスキュルのトーン概念を借りれば、「どんなトーンで世界を感じているんだい?」と言い換えたっていいだろう。

トーンというのは、動物たちがその世界像をもつための特定フィルターのようなものだ。たとえばミミズを捕食するカエルにとってのトーンは数センチの棒状のものとの出会いがつくっているトーンである。だからカエルはミミズとゴム屑をまちがえる。ムクドリにとってはハエの飛びぐあいのトーンがムクドリの世界像をつくるフィルターになっている

ユクスキュルはこのトーンとしての調子フィルターを「意味」ともよんでいる

735夜『生物から見た世界』ヤーコプ・フォン・ユクスキュル|松岡正剛の千夜千冊

 

「調子はどうだい?」
いくつものメトリックを重ね、その問いに応じてみてほしい。

そこには「意味」が生まれるのだ。

 

文・アイキャッチデザイン 阿久津健(錬成師範)

 

 

 

【第37期[ISIS花伝所]関連記事】

37[花] 花林頭・阿久津がゆく、アートとデザインのAIDA

37[花]M1演習 私の前に投げ出された世界を捉える

37[花]乱世に道場開幕!
37[花]入伝式 松岡校長メッセージ 「稽古」によって混迷する現代の再編集を
37[花]ガイダンス 却来のループで師範代に「成っていく」
37[花]プレワーク  編集棟梁は 千夜を多読し ノミを振る[10の千夜]
37[花]プレワーク記憶の森の散歩スタート


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    編集的先達:世阿弥。花伝所の指導陣は更新し続ける編集的挑戦者。方法日本をベースに「師範代(編集コーチ)になる」へと入伝生を導く。指導はすこぶる手厚く、行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。所長、花目付、花伝師範、錬成師範で構成されるコレクティブブレインのチーム。

  • 38[花]全身全霊の錬成へ

    【錬成】 ねりきたえて立派にすること。心身を訓練すること。                     日本国語大辞典     38[花]は、11月25日(金)とうとう錬成演習に突入した。  ISIS花伝所の開講期 […]

  • 38[花]胸騒ぎな「存在のインターフェイス」

    編工研メンバーと一緒に太極拳を習っている。教えてくれる今井秀実先生の動きはため息が出るほど美しい。先生が言うには、太極拳は身体の虚と実を連続させることが一番の大事。「何も考えず頭の中はぼんやり」「まず腰椎を動かして」「 […]

  • 38[花]一目ぼれの電圧を測る

    一目ぼれには「電圧」がある   「安堵のため息の生暖かさを計る」 「純真を保つために必要な白色の量を量る」 「一目ぼれの電圧を測る」   絵本作家・工藤あゆみ氏の本、『はかれないものをはかる』に出てく […]

  • 38[花]フラジャイルな邂逅

    仏師は目の前の木の中に御仏の姿を見るという。 その面影をひと彫りひと彫りうつしてゆく。 編集稽古で師範代のやっていることに似ている。学衆から届く回答のなかに潜む方法を、指南のことばでカタチにしてゆくのが、師範代という方法 […]

  • 38[花]集団の夢・半生の私 編集ニッポンモデルへ

    分かりやすさを遠ざけることは容易ではない。半知半解も、心地のよいものではないだろう。方法日本の核心に向かい編集臨戦態勢へといざなうのが、ここ花伝所である。入伝生は先達のふるまいをイメージメントの糧にして、手さぐりのまま師 […]