37[花] マネージメントを述語する M4演習(営・掛)

2022/06/09(木)13:11
img

さし掛かる入伝生・仕掛ける師範代

 

6月5日(日)、各道場でM4の出題とともに、これまで取り組んできたM1モデル、M2モード、M3メトリックの演習を振り返り、自己評価をする中間スコアが入伝生に課された。花伝所の5M演習は、早くも折り返し地点にさし掛かった。


さし掛かる入伝生が取り組む演習M4はマネージメント。といっても、

マネジメント・モデルなんていらない。

1560夜『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする

 

と言われてしまうような管理するモデルではない。営にして、掛である。花伝式目にはこうある。

一般的なマネジメントと違うのは、一連の流れすべてを〈編集〉ととらえて、守破の編集術と式目の型を総動員して場に向かうことです。3Aを躍動させてイメージメントをおこし、メトリックをもってマネージメントに臨みましょう。

[花伝式目]M4【Management】総論

 

M4演習の仮留めを始めたやまぶき道場のTから「また、メトリック!マネージメントもメトリックか!!」と声があがった。

そう、マネージメントは、

わかりやすく決められ当てはめていく、主語的なものというよりも
わからない対象にメトリックをもって臨む、述語的なものだ。  


となると当然、使う主たる方法もロジカル・シンキングではない。

これに対して、アナロジカル・シンキングという方法がある。連想性をいかし、「飛び」や「意外な発想」をおもしろがり、推論中に保留された事項や計画を捨てないという方法だ。ロジカル・シンキングは演繹法と帰納法を常套手段とするのだが、アナロジカル・シンキングは第3の推論の仕立てとして「アブダクション」という方法をいかす。

館長通信 No.22「アナロジカル・シンキング」

 

メトリックを持って、アブダクティブなアプローチで、場に、学衆に、自らに、統制ではなくゆらぎを仕掛けていく。まるで、あそこ!と思い切って自らまるごと投げ入れてしまうかのように。すると、水平に制された水面に波紋が生じる。仕掛けたゆらぎは往還運動のなかで勢いを増す。波立っていく。往く波と還る波とが重なり増幅される。往還のノードとなるのはたくさんの私である。

 

むらさき道場のMが吐露した「自らの『守』での師範代とのやりとりから多くを学び直している」ことは最たるものの一つだ。学衆だった入伝生と師範代の問感応答返は営々と続いていたのだ。フセられた仕掛けをアケ、出身教室のミームを受け取り、入伝生は師範代を擬いて自らに仕掛けていく。そうしてトランジションしていく。

 

もう入伝生はみな、次なる営々とした問感応答返に向かっている。

 

文 蒔田俊介(錬成師範)
アイキャッチデザイン 阿久津健(錬成師範)

 

 

【第37期[ISIS花伝所]関連記事】

37[花] 調子はどうだい? 花伝式目演習第三週:メトリック(程)

37[花] 花林頭・阿久津がゆく、アートとデザインのAIDA

37[花]M1演習 私の前に投げ出された世界を捉える

37[花]乱世に道場開幕!
37[花]入伝式 松岡校長メッセージ 「稽古」によって混迷する現代の再編集を
37[花]ガイダンス 却来のループで師範代に「成っていく」
37[花]プレワーク  編集棟梁は 千夜を多読し ノミを振る[10の千夜]
37[花]プレワーク記憶の森の散歩スタート


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    37花の師範ボードメンバーは18名。入伝生30名に対してすこぶる手厚い。いずれもトワイライトが大好きな面々。師範自ら指導メソッドを考案し、入伝生と行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。

  • 37[花] 夏だ、キャンプだ、旅立ちだ!

    7週間に渡る道場や錬成場での鍛錬を越え、いよいよ、週末のキャンプに向けて出発だ。 「編集学校のお泊まりキャンプ今から楽しみです^^」 「どんな内容なのか、ソワソワワクワクしています」 「いよいよキャンプ。何が起こるのでし […]

  • 37[花]M5錬成2 指南でかわる師範代はわかる

    書くは永く、放つは刹那に。   師範代未満の入伝生は書き手であるが故に、しばし読み手を忘れて前のめり独りよがりな指南に陥る。回答に潜む可能性を欲するがため、想いが強く表出してしまうのだ。   どんなイ […]

  • 37[花] M5錬成1 擬き肖り、虚に入り

    賑やかだった道場が静まり返った。   言葉が交わされていないのではない。錬成演習を前にした気負い、緊張が道場内の言葉から夾雑物を奪う。   5月16日から開始した式目演習、道場生はすでに4つの式目をく […]

  • 37[花] 調子はどうだい? 花伝式目演習第三週:メトリック(程)

    「式目演習の調子はどうだい?」   「式目演習の調子はどうだい?」 入伝生がそう問われたなら、自分と道場の状況を思い浮かべるだろう。答える言葉を選ぶとき、そこには「メトリック」が起動している。   メ […]

  • 37[花] 花林頭・阿久津がゆく、アートとデザインのAIDA

    モデルからモードへ渡る2週目に突入。稽古は式目演習だけにとどまらない。AIDAを住処としミディエーターを担う師範もまた、それぞれ闊達にその表象へと向かう。 デザイナーを生業とする、くれない道場・錬成師範の阿久津健は、花エ […]