37[花] マネージメントを述語する M4演習(営・掛)

2022/06/09(木)13:11
img

さし掛かる入伝生・仕掛ける師範代

 

6月5日(日)、各道場でM4の出題とともに、これまで取り組んできたM1モデル、M2モード、M3メトリックの演習を振り返り、自己評価をする中間スコアが入伝生に課された。花伝所の5M演習は、早くも折り返し地点にさし掛かった。


さし掛かる入伝生が取り組む演習M4はマネージメント。といっても、

マネジメント・モデルなんていらない。

1560夜『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする

 

と言われてしまうような管理するモデルではない。営にして、掛である。花伝式目にはこうある。

一般的なマネジメントと違うのは、一連の流れすべてを〈編集〉ととらえて、守破の編集術と式目の型を総動員して場に向かうことです。3Aを躍動させてイメージメントをおこし、メトリックをもってマネージメントに臨みましょう。

[花伝式目]M4【Management】総論

 

M4演習の仮留めを始めたやまぶき道場のTから「また、メトリック!マネージメントもメトリックか!!」と声があがった。

そう、マネージメントは、

わかりやすく決められ当てはめていく、主語的なものというよりも
わからない対象にメトリックをもって臨む、述語的なものだ。  


となると当然、使う主たる方法もロジカル・シンキングではない。

これに対して、アナロジカル・シンキングという方法がある。連想性をいかし、「飛び」や「意外な発想」をおもしろがり、推論中に保留された事項や計画を捨てないという方法だ。ロジカル・シンキングは演繹法と帰納法を常套手段とするのだが、アナロジカル・シンキングは第3の推論の仕立てとして「アブダクション」という方法をいかす。

館長通信 No.22「アナロジカル・シンキング」

 

メトリックを持って、アブダクティブなアプローチで、場に、学衆に、自らに、統制ではなくゆらぎを仕掛けていく。まるで、あそこ!と思い切って自らまるごと投げ入れてしまうかのように。すると、水平に制された水面に波紋が生じる。仕掛けたゆらぎは往還運動のなかで勢いを増す。波立っていく。往く波と還る波とが重なり増幅される。往還のノードとなるのはたくさんの私である。

 

むらさき道場のMが吐露した「自らの『守』での師範代とのやりとりから多くを学び直している」ことは最たるものの一つだ。学衆だった入伝生と師範代の問感応答返は営々と続いていたのだ。フセられた仕掛けをアケ、出身教室のミームを受け取り、入伝生は師範代を擬いて自らに仕掛けていく。そうしてトランジションしていく。

 

もう入伝生はみな、次なる営々とした問感応答返に向かっている。

 

文 蒔田俊介(錬成師範)
アイキャッチデザイン 阿久津健(錬成師範)

 

 

【第37期[ISIS花伝所]関連記事】

37[花] 調子はどうだい? 花伝式目演習第三週:メトリック(程)

37[花] 花林頭・阿久津がゆく、アートとデザインのAIDA

37[花]M1演習 私の前に投げ出された世界を捉える

37[花]乱世に道場開幕!
37[花]入伝式 松岡校長メッセージ 「稽古」によって混迷する現代の再編集を
37[花]ガイダンス 却来のループで師範代に「成っていく」
37[花]プレワーク  編集棟梁は 千夜を多読し ノミを振る[10の千夜]
37[花]プレワーク記憶の森の散歩スタート


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    編集的先達:世阿弥。花伝所の指導陣は更新し続ける編集的挑戦者。方法日本をベースに「師範代(編集コーチ)になる」へと入伝生を導く。指導はすこぶる手厚く、行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。所長、花目付、花伝師範、錬成師範で構成されるコレクティブブレインのチーム。

  • 38[花]全身全霊の錬成へ

    【錬成】 ねりきたえて立派にすること。心身を訓練すること。                     日本国語大辞典     38[花]は、11月25日(金)とうとう錬成演習に突入した。  ISIS花伝所の開講期 […]

  • 38[花]胸騒ぎな「存在のインターフェイス」

    編工研メンバーと一緒に太極拳を習っている。教えてくれる今井秀実先生の動きはため息が出るほど美しい。先生が言うには、太極拳は身体の虚と実を連続させることが一番の大事。「何も考えず頭の中はぼんやり」「まず腰椎を動かして」「 […]

  • 38[花]一目ぼれの電圧を測る

    一目ぼれには「電圧」がある   「安堵のため息の生暖かさを計る」 「純真を保つために必要な白色の量を量る」 「一目ぼれの電圧を測る」   絵本作家・工藤あゆみ氏の本、『はかれないものをはかる』に出てく […]

  • 38[花]フラジャイルな邂逅

    仏師は目の前の木の中に御仏の姿を見るという。 その面影をひと彫りひと彫りうつしてゆく。 編集稽古で師範代のやっていることに似ている。学衆から届く回答のなかに潜む方法を、指南のことばでカタチにしてゆくのが、師範代という方法 […]

  • 38[花]集団の夢・半生の私 編集ニッポンモデルへ

    分かりやすさを遠ざけることは容易ではない。半知半解も、心地のよいものではないだろう。方法日本の核心に向かい編集臨戦態勢へといざなうのが、ここ花伝所である。入伝生は先達のふるまいをイメージメントの糧にして、手さぐりのまま師 […]