38[花]花の盛り・盛りの花 キャンプ開宴 

2022/12/16(金)15:00
img

12月13日、EditCafeにそらみつ境がオープンした。

 

38[花]「指南編集トレーニングキャンプ」のセンターラウンジ、つまりはキャンプ場だ。7週間の式目演習を終えた入伝生は、週末キャンパーに着替える。


そもそも「キャンプ(CAMP)」の語源はラテン語の「キャンパス(campus)」平らなところという意味で、南北戦争の時代にアメリカで始まり、学生に兵士の行動を体験させる活動のことだった。やがて、野外で一時的な生活をすることで自然環境から人類の発展の基盤を学ぶムーブメントとなり、それぞれの時代、社会を写す鏡として展開され広まっていった。今ではレクリエーション的な意味合いのキャンプをイメージすることが多く盛んになっている。一方で、なんらかの目的を達成するための手段としてのキャンプを体験した人は少ないかもしれない。


38[花]のキャンプが映し出すのはいったいどのような世界なのだろうか。ドキドキの奥から、好奇心がムクムクと顔をだし待ち受ける世界への挑戦というのはIだ。

週末に向けていまからドキドキしております。どんな世界が待っているのか、どんな世界が見れるのか、どんな世界を聞けるのか!未知への挑戦です。

 

Yは冒険にでかけるためのツールを準備している。

1.虫眼鏡・双眼鏡
2.顕微鏡・望遠鏡
3.磁針と地図

 

「近いようで遠く、遠いようで近いもの」はなにかと『枕草子』にも語られているが、見えそうで見えない、どこにでもあるようでどこにもない。キャンプはそんな夢のような時間なのかもしれない。

 

ホテル並みのサービスを楽しむグランピングや、一人で楽しむソロキャンプではなく、下見もできない、地図もない、ナビもいない場へと飛び込んでいく。肩を寄せ合い語りあうグループもあれば、一人で星空を見上げることもあるだろう。編集をキャンプする二日間にどれだけの言葉が交わされるだろうか。会話の密度は、対話の濃度と比例するとは限らない。もっと奥へ、もっと深くへむかう対話は、愉しく、苦く、淡く、儚く、ときに切なくもなるだろう。38[花]の盛りにむかえる二日間は、キャンパーが花を交換、交感、交歓する宴だ。それが、キャンプの醍醐味だ。

 

さあ、式目を手にウィンターキャンプへ出かけよう!

 

文 吉井優子
アイキャッチ 阿久津健

 

【第38期[ISIS花伝所]関連記事】

38[花]道場生の刀・刀の道場生

38[花]仮想教室名で跳んでみる

38[花]全身全霊の錬成へ

38[花]胸騒ぎな「存在のインターフェイス」

38[花]一目ぼれの電圧を測る

38[花]フラジャイルな邂逅

38[花]集団の夢・半生の私 編集ニッポンモデルへ

38[花]膜が開く。四色の道場
松岡校長メッセージ「イシスが『稽古』である理由」【38[花]入伝式】

38[花]わかりにくさに怯まない 型と概念と問いのガイダンス

38[花]プレワーク 10の千夜に込められた[花伝所]の設計


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    編集的先達:世阿弥。花伝所の指導陣は更新し続ける編集的挑戦者。方法日本をベースに「師範代(編集コーチ)になる」へと入伝生を導く。指導はすこぶる手厚く、行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。所長、花目付、花伝師範、錬成師範で構成されるコレクティブブレインのチーム。

  • 【花伝OLエディットツアー 2月5日】ISISのしくみ探検!

    イシス編集学校の編集コーチ<師範代>を語るなら、「しつらえ、もてなし、ふるまい」で伝えたい。しつらえは調度、もてなしは所作、ふるまいは場に示す好意のあらわし。稽古場を趣向をもって整え、方法と段取りを気遣い、回答に新しさを […]

  • 38[花] 瀬戸際の密談

    瀬戸際に立つ入伝生に師範代認定を出すか否か。   2022年の年の瀬、キャンプを終えた38[花] 花伝所では指導陣が集い、熱く、けれども繊細な交し合いが行われた。効率性、コスパ、スキル、資格の有無といった一定の […]

  • 38[花] めでたい「しるし」が刻まれる時

    日本ではまるでこの歌でしか正月が祝えないかのように、「年の初めのためしとて、終わりなき世のまでたさよ」と歌う。「年の初めのためし」の「ためし」とは何か。「ためし」は験しで、修験の験、経験の験、効験の験である。 千夜千冊4 […]

  • 38[花] キャンプファイヤー 言葉をくべる

    達成感や無力感、労いや悔い、希望や不安が、「言葉」となってはすぐに炎に包まれる。2022年12月18日の夜。「指南編集トレーニングキャンプ」のラストプログラムである「キャンプファイヤー」も、これまでの演習と同じく「言葉」 […]

  • 38[花]道場生の刀・刀の道場生

    「錬成場だからこそ何度でもやり直したくなる」 とは師範代を擬いた道場生Gの言。花伝所では錬成演習の真っ只中だ。こうした声たちに応えるように師範の相槌が鳴り響き、打ち合いが続いている。さながら作刀の鍛錬のようである。 いま […]