45[守]リカちゃん・クッキング おつまみ篇その1 平野師範チームの笑いと地と知の錬金術

2020/06/30(火)18:00
img

 

 早朝の宣言、昼間の相談、深夜のつぶやき。約半年間、チームラウンジは動き続ける。現在進行中の45[守]には9人の師範と21人の師範代がいる。師範1人と師範代2~3人で1つのチームを結成、計9つのチームが動いている。校長に名付けられた教室名や師範代のキャラクターに肖り、それぞれのチームには師範が名づけた名前がある。そのチーム名は指南の拠り所にもターゲットにも永遠のQにもなっていく。
 師範のチーム名語りをよすがにクッキングで表す連載企画「リカちゃん・クッキング」。「おやつ篇」「昼ごはん篇」に続く最終コーナーは「おつまみ篇」。トップを飾るのは、笑いをまとい地と知を駆ける「風雅タンぐす天」だ。


★チーム名「風雅タンぐす天」
……………………………………………………………………………
 元素記号はW、鉄よりも滋味なるタングステンに肖って
優しく強く、艶やかに七変化・・・アーキタイプは鉱物か?
タフで多彩な面々と、剛健ながらも格調高く、時にユーモアに
包まれる場に。


    師範        平野しのぶ
    野の字しびれる教室 福井千裕師範代
    ざこば太郎教室   岡本尚師範代
   

わにたこ風香和えタングス天こ盛り

 


      「芝居、浄瑠璃、 芋、蛸、南瓜」もとい、 
      「落語、野の鍛冶、鰐、蛸、発香」。
      鼻に抜けるわさびの香りにしびれます。
      
  

●レシピ

《わにたこ風香和えタングス天こ盛り》(7月1日は半夏生。タコをどうぞ!)

[材料]
・アボカド(和名:鰐梨) 1個
・刺身用蒸しタコ  アボカドと同量ぐらい
・ミニとまと    6個
・わさび      お好み
・しょうゆ     大さじ1/2~1で様子を見つつ
・緑のもの     あれば少々


[ダンドリ]
1.アボカドは縦に二つに割り、種をくりぬく。果肉をスプーンで取り出す。皮は器にするので取っておく。
2.アボカドと刺身用蒸したこは1センチ角のサイコロ状に切る。
3.ミニとまとは8等分にする。
4.しょうゆとわさびをよく混ぜ、1と2を加え、和える。
5.アボカドの器に盛る。
6.カイワレ大根やブロッコリースプラウトなどを飾る。


\              /
─ 師範の感想いただきました ─
/              \

ピリリと鼻腔に広がる~風雅(香)なミドリの香り。蛸と鰐梨のアベックは食べ応え満点で思わずニヤリ。おつまみにもおかずにもイケる♪バイプレイヤー美味

 


●バックナンバー
おやつ篇その1 桂師範チームの甘~い幸せ

おやつ篇その2 宮川師範チームのポンカンで爽快

おやつ篇その3 江野澤師範チーム盛り上げリング

昼ごはん篇その1 石井師範チームの魚介な愉快

昼ごはん篇その2 山根師範チームの伊勢しばりキャラ達

昼ごはん篇その3 池澤師範チームの癖になる音と糸


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 震えと涙で能力開放! バンビ森の神獣化

    「エッキョウ汁講」。46[守]襟足バンビ教室師範代、尾島可奈子が願いと決意を込めたネーミングだ。  開講以来、学衆の回答を丁寧に掬い続けてきた。指南はもちろん、囁くような声も聞き逃さず勧学会に共読の場を立ち上げた。稽古 […]

  • 震度6 幹は揺るがず

    2021年2月13日23時8分頃、福島県沖を震源地とする地震が発生した。  [守]の稽古場EditCafe上で真っ先に声をかけたのは行間達人教室師範代、田中睦だった(23時33分)。「安全なところにいらっしゃいますよね […]

  • 46[守] 道につながる恋物語

    46[守]別院で「守道連恋」が始まった。卒門を前に師範代が学衆に思いの丈を届ける企画だ。開始前日、号砲係の石井梨香(番匠)は迷っていた。日付が変わってすぐに鳴らすか、夜明けを待つかと。トップを狙う男の顔が浮かんだ。「彼 […]

  • シーザーの奥の手の向こう側 未知奥エディットツアーへGo!

    46[守]別院では、番選ボードレールの講評が発表された。  教室界隈では、同朋衆を名乗る師範陣の目利きにうなる声、仲間の入賞を喜び合う声とともに、己の知識量を嘆く声ももれ聞こえる。  井ノ上裕二(46[守]師範・別名: […]

  • あらわれる世相・あらわす決意 46守、世界の新発見へ

    「編集学校をみている方が世界がわかってくる」。松岡校長の言葉を実感するできごとが46[守]別院でも起こった。 2020年から2021年、年をまたいで別院では「年越し札納め」が行われた。初詣もままならない今年ならではの企画 […]