【Playlist】ものがたりに虹をかける10選:小濱有紀子

2022/01/25(火)19:00
img

モノ語り、ヒト語り、コト語り。

 

自分の内側にある「語らずにはいられない」ことを、ひとりよがりにならず、いかに伝えるか。

内側ではなく外側にある「語らずにはいられない」ことを、どのようにして発見するか。

 

雨と太陽が出会って虹がかかるように。

ウチとソトを自由自在に入れ替えられる。

境界を揚々と超えられる。

 

それが、編集術としてのものがたり。

 

【Playlist】ものがたりに虹をかける10選:小濱有紀子

 

1.48[]の大冒険 ワジマール船長「渡」を越える

 

2.ベストセラーは名作か 秘密結社で師範は語る【47[]知文AT賞選評会議】

 

3.モノづくりから、物語づくりのナゴヤへ-「ナゴヤ面影座」の芸と道

 

4.[週刊花目付#26]「感・応」コンシャス

 

5.千夜千冊エディションが写真になるときープロカメラマン川本聖哉の仕事 10shot

 

6.イシスをDAN ZENにする7人【iGen001】穂積晴明 外郎売りからDJまで 多芸多才のデザイナー

 

7.「夜学」からなぜハックの冒険へ? 10の千夜で、編集工学の本来と将来を読む【36[花]師範エディション】

 

8.着物のまにまに〜時空センスの編集術 #6  情報収集で「おそろい」をつくる

 

9.ゴドーは来なかったけど神はおとづれた[芝居と読書と千の夜:15]

 

10.物語講座14綴ただいま発酵中


  • 小濱有紀子

    編集的先達:倉橋由美子。古今東西の物語を読破し、数式にすることができる異才。国文学を専攻し、くずし字も読みこなす職能。自らドラムを打ち鳴らし、年間50本超のライブ追っかけを続ける情熱。多彩で独自の編集道を走る、物語講座・創師。

  • それはいつかの、あの物語【78感門】

    すでに「物語講座四冠受賞の男【78感門】」で授賞式の顛末ごとお伝えしたように、受賞者本人も驚く間もないくらい、鮮やかな4冠で幕を閉じた14綴・物語講座。   さて、物語講座アワードの名物といえば、各プログラムや […]

  • 異端で異質。物語講座 14綴から、新たな冒険がはじまる

    舞台は【感門77】、井寸房の奥、落ちる砂時計。 物語巫女たる後田師範代が、物語の持つ方法的な世界に、静かに誘う。 --- 物語にははじまりがあり、終わりがある。感門之盟も、境を超えて閉じられる。振り返ったとき、思い出され […]

  • 物語は続くよ、どこまでも~賞選本は稽古とひとつなぎ【感門75】

    「綴じて、開く」  感門之盟から10日。2021年3月23日、赤羽綴師の言葉で、13綴物語講座は幕を閉じた。    イシス編集学校においては、本を媒介に人と人が繋がることは、極めて当たり前のことである。だが、こと「賞品」 […]

  • 【三冊筋プレス】探して求めて深まる謎、ウイルスも「鍵穴」(小濱有紀子)

    「探求型読書」は、新書に効果的な読書術だと思っている人は、騙されたと思って、ぜひ小説で試してみていただきたい。苦手なジャンルがある人、あまり好みじゃない作家がいる人はもちろん、むしろ本が大好きな人、読書に自信がある人 […]

  • 【三冊筋プレス】一流の少女は須く神である(小濱有紀子)

    「あのう、わたくし、ここからどこの道を行けばいいか、教えていただきたいんですけど」 「そりゃ、あんたがどこへ行きたいかによるわな」 「どこだっていいんですけど」 「そんなら、どの道だってかまわんだろ」  ルイス・キャロル […]