38[花] キャンプファイヤー 言葉をくべる

2022/12/19(月)09:00
img

達成感や無力感、労いや悔い、希望や不安が、「言葉」となってはすぐに炎に包まれる。2022年12月18日の夜。「指南編集トレーニングキャンプ」のラストプログラムである「キャンプファイヤー」も、これまでの演習と同じく「言葉」だけで行われた。


* * *


その炎に思い出す。筆者が[守]の学衆として稽古を終えたばかりのことだ。勧学会に交わし合いの場を設えた師範代は、小さな火を起こすと「色んな言葉をくべましょう」と誘った。その言い回しを気に入った私は、「ああ、イシス編集学校はメタファーの学校なのだ」と、どこか合点したものだった。その感覚は、5年経った今も変わらず残っている。


* * *


2022年12月17日、18日と2日間を駆け抜けた花伝所のキャンプでは、実戦指南に加え、[守]38題をリミックスする翻案編集のお題が課された。時間的制約の中でのテキストだけの不自由なコミュニケーションに、入伝生のネガティブ・ケイパビリティも試されている。

言葉は期待したそのままの意味では届かない。思考を100%共有することはできない。私たちはいつも誤解し、誤配し、誤読する。しかしだからこそ、他者の言葉を引き受けることで、思わぬ発見の果実を手にすることができる。

 

わかりにくくてすみませんね…。そうそう、各象限で移りながらなんですが、その時に世界と自分に出入りしているものに注意をむけるとこんな感じに連環して型の取得までつながっていくのではないかと思ったんです。(い組 M)


継承者問題はありそうですね。でも、クイックに見につくものでもないと思いますが、もしクイックに継承者を作りたい!と思う方が居れば、それだけ切羽詰まっているという状況なのかもしれませんね。(ろ組 M)


即実践は大きいでしょうね~。忘れているものを取り戻したい感じのような。始めに連想をあげましたが、関係ありますかね。 その道のプロに必要な編集講座。不足はなんでしょう??(は組 A)


私も案2が良いかと思います。最初は、絞った方がやり易い?と思いましたが、複数の伝統的な芸道・武道が交わることで、共通項や新たな発想にも繋がるかと思います。これって、編集学校の教室と似てますよね。教室の学衆は、年代・経験値・職業などが異なるからこそ「共読」が生きてくるのだと思います。(に組 M)


求道者たちの表出と言い換えてみます。このロールの特徴は伏せがとてつもなく多く、容易に言語化しない。そこで、開け伏せの見直しが守38番を通してできるのがニーズで見出せませんか。まずは開け伏せを無意識に行うエディティングモデルのクセに自覚してもらうことなどが思い浮かびました。(ほ組 Y)

 

誰かにとって真を突いたつもりの言葉は、別の誰かにとっては遠くから届く「メタファー」性を帯びた言葉となる。そんな広義の「メタファー」から新たな意味を受け取る方法を、入伝生たちは既に手にしている。それは「花伝式目」において《受容》として記されている。

 

「比喩」(metaphor)は、ある事例をスライドしながら(ずらしながら)別の事柄に置き換えて考えることを可能にしてくれる。そうとうに強力な道具だ。ぼくはそのような比喩(メタファー)の発展と連鎖を「連想」とか「連想的編集力」とか「アナロジカル・シンキング」と呼んできた。

1540夜 『想像力を触発する教育』 キエラン・イーガン − 松岡正剛の千夜千冊

 

* * *


「言葉」はときに独り言のようにキャンプファイヤーの火にくべられていく。燃え尽きたようにみえても消えてはいない。炎となり、隣の人の頬を照らす。煤となり、遠くの誰かの肌を汚す。誰かの記憶となり、いつかどこかで蘇る。

 

入伝生たちは、発した「言葉」が変容し遠くへ届けられることを恐れない。入伝生たちは、変質した「言葉」を読み返らせる(蘇らせる)ことを諦めない。それは「花伝式目」において《エディティング・モデルの交換》として記されている。

 

メタファーの語源は「メタ(むこうに)+ファー(転じる)」だ。私たちは、言葉が転じたキャンプファイヤーに心を焦がし、きっと《メタファーの交換》をしている。

 

文・アイキャッチデザイン 阿久津健(花伝師範)

 

 

【第38期[ISIS花伝所]関連記事】

38[花]花の盛り・盛りの花 キャンプ開宴

38[花]道場生の刀・刀の道場生

38[花]仮想教室名で跳んでみる

38[花]全身全霊の錬成へ

38[花]胸騒ぎな「存在のインターフェイス」

38[花]一目ぼれの電圧を測る

38[花]フラジャイルな邂逅

38[花]集団の夢・半生の私 編集ニッポンモデルへ

38[花]膜が開く。四色の道場
松岡校長メッセージ「イシスが『稽古』である理由」【38[花]入伝式】

38[花]わかりにくさに怯まない 型と概念と問いのガイダンス

38[花]プレワーク 10の千夜に込められた[花伝所]の設計


  • イシス編集学校 [花伝]チーム

    編集的先達:世阿弥。花伝所の指導陣は更新し続ける編集的挑戦者。方法日本をベースに「師範代(編集コーチ)になる」へと入伝生を導く。指導はすこぶる手厚く、行きつ戻りつ重層的に編集をかけ合う。さしかかりすべては花伝の奥義となる。所長、花目付、花伝師範、錬成師範で構成されるコレクティブブレインのチーム。

  • 【花伝OLエディットツアー 2月5日】ISISのしくみ探検!

    イシス編集学校の編集コーチ<師範代>を語るなら、「しつらえ、もてなし、ふるまい」で伝えたい。しつらえは調度、もてなしは所作、ふるまいは場に示す好意のあらわし。稽古場を趣向をもって整え、方法と段取りを気遣い、回答に新しさを […]

  • 38[花] 瀬戸際の密談

    瀬戸際に立つ入伝生に師範代認定を出すか否か。   2022年の年の瀬、キャンプを終えた38[花] 花伝所では指導陣が集い、熱く、けれども繊細な交し合いが行われた。効率性、コスパ、スキル、資格の有無といった一定の […]

  • 38[花] めでたい「しるし」が刻まれる時

    日本ではまるでこの歌でしか正月が祝えないかのように、「年の初めのためしとて、終わりなき世のまでたさよ」と歌う。「年の初めのためし」の「ためし」とは何か。「ためし」は験しで、修験の験、経験の験、効験の験である。 千夜千冊4 […]

  • 38[花]花の盛り・盛りの花 キャンプ開宴 

    12月13日、EditCafeにそらみつ境がオープンした。   38[花]「指南編集トレーニングキャンプ」のセンターラウンジ、つまりはキャンプ場だ。7週間の式目演習を終えた入伝生は、週末キャンパーに着替える。 […]

  • 38[花]道場生の刀・刀の道場生

    「錬成場だからこそ何度でもやり直したくなる」 とは師範代を擬いた道場生Gの言。花伝所では錬成演習の真っ只中だ。こうした声たちに応えるように師範の相槌が鳴り響き、打ち合いが続いている。さながら作刀の鍛錬のようである。 いま […]