第75回感門之盟100shot #02 咲き誇れエディスターよ

2021/04/21(水)14:41
img

「これはTV番組20本分!」と漏らしたのは本職をフロアディレクターとする中島麗師範代だった。オンライン2days感門之盟は、TV番組20本分のプログラムがぎっしり詰まっているらしい。想像するとギョッとするが、冷静に考えれば2日間で14時間の式典。確かに「20本分」とは大袈裟ではない数字である。この逸脱したお題を前にすれば、一人一人の編集力はいつも以上に起爆する。用意と卒意の編集力に満ち満ちたエディスター(Edit Star)たちが、表に、裏に、奔走し感門之盟を演出した。

 

▼Eiko & The Bunnymen

司会 八田英子とともにメインプログラムを進行していくのは今をときめく4人のエディット・バニーメン

バニー1:元祖エディットバニー新井陽大師範。46[破]では新師範としてバニー風を吹かす。

バニー2:イシスきってのファッショニスタ桂大介[離]右筆。「全身見たい!」のリクエストに応えて。

バニー3:編集工学の求道者 中村麻人師範。[守]と[花]のダブル師範くらいで丁度いい。

バニー4:校長を肖り両手で書いた「兎」を胸に、蒔田俊介師範。35[花]では錬成師範に大抜擢。

▼たくさんの私デザイン。

感門を彩るのはバニーメンのみならず。編集的多様性とは自分の中にたくさんの「わたし」を持つということ。編集ポリロールの最前線をいく私たちは何度だって着替えられる。

2期以上務めた師範に贈呈されるMシャツ。スカートを翻し、Mシャツの着こなしをお披露目する江野澤由美師範。華麗度120%。

9名のメンバーとCM映像編集部を立ち上げ31本のCMを作り上げた総監督 林朝恵師範。

20年間のブックウェアな歴史を繙く編集ヴィーナス梅澤・大音・森山のなにわ女トリオ。

物語講座5つの受賞作品を演じ分け、迫真の一人芝居で朗読する女優 衣笠純子師範代。

本で学衆もほろ酔い気分。EDIT BARの名物ママとなった鈴木・原田両学匠と佐々木局長。

▼リアルとオンラインをブリッジする

画面の向こうには何百人もの参加者がいる。リアルとオンラインのインターフェースとなり、舞台裏の進行を司るのはZoomチームとイーてれチーム。そして現場の空気を切り取り、即時にメディエーションする遊刊エディストチーム。マニュアルなんてどこにもない。ロールに徹し、ツールを使いこなし、ルールをその場で更新していく。

 

ひとときも気を緩めずにZoomの中をパトロール。オンラインというしつらいでのもてなし、ふるまいはもはや職人級。リーダーを担う後田彩乃師範代(左)と加藤めぐみ師範(右)。

Zoomチーム 阿久津健師範代。47[守]に再登板する「そこそこノンブル教室」を拝命。

本楼の片隅でイーてれチームにQ出しをする豊田香絵師範代(奥)とエディストJUSTプリンス上杉公志師範代(手前)。

翌日は本楼を飛び出し、九州に飛んだ落花狼藉オトコ 齋藤成憲師範。

本編進行中に狙いを定め、休憩中に突撃取材するなにわのエディスト・レモンガール梅澤奈央師範。

▼本楼スタジオで鍛え上げてきたテクニカルスタッフ

誰に指示されたわけでもないが、いつからか黒衣で本楼に立つことが暗黙のルールとなったテクニカルスタッフ。この一年、本楼イベントでオンライン化の経験を積み、同じ色に身を包みながら、互いの呼吸も合わせてきた。

 

今回初めてフロアDの大役を任された橋本英人参丞。

"時を味方に人心を操る"スイッチャー中島麗師範代(手前),”配信の最後の砦”Zoom統括 衣笠純子師範代(奥)。

"本楼の気色をデリバリーする"カメラ森本研二師範代。

"カメラマンはMake Upアーティストだ"カメラ西村俊克(松岡事務所)。

イシスイベントを撮り続けてきたプロカメラマン小山さん。

"現場の熱を届けます"映像制作,テクニカル統括 小森康仁(編工研)。

"臨機応変 疾風迅雷"師範からマイクケアまでこなす支度天こと武田英裕師範。

スタッフにカメラ講習会も実施し、育成も担うカメラ池田かつみ師範代。

"心に熱く"参加者の目となって映像を届けるカメラ寺平賢司(松岡事務所)。

松岡正剛をドキュメントする番カメラ林朝恵師範。

▼ISIS新デュオ結成 その名も"THE ISIS"

ここ数年、教室名発表の場を盛り上げてきたドラマー浅羽登志也師範。今回はキーボード梅澤光由師範代(45[破]語りなザナドゥ教室)と新たなデュオを組んで新師範代たちの船出に華を添える。ISISバンドの結成も近い?!

Mitsuyoshi UMEZAWA (Key)

Toshiya ASABA (Dr)

▼結成15周年 九天という方法

「松岡正剛校長を九州にお招きする」というターゲットをもとに、お題を自ら立て、この15年プランニングの連続だったという九天玄氣組 組長中野由紀昌。九天が加速するために、3つの《ク》ー リスク・制約・不足ー これらの負を引き寄せ、それをどう組員が解決していくかここまでやってきた。ここからは、九天の編集から九州の編集へと活動していきたい、と更に大きなターゲットを掲げ、前線をひたむきに走り続ける中野組長。

45人の組員を率いる中野由紀昌組長。

九天からのお年賀"密マスク"を身につけて。


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • ISIS 20th Anniversary師範代リレー[第17期古田茂 編集第一線で変革期を支える]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。 ◇◇◇   食品偽装に年金記録漏れ問題に日 […]

  • 第75回感門之盟 100shot #3 松岡正剛、共読の秘儀

    ▼少数なれど熟したり 「共読は本来楽しいもの。ただ共読は楽しいばかりではない」ズレやミス、分かり合えなさを許しながら、共読してアイダを繋ぐことは諦めないで欲しいと46[破]突破生に餞の言葉を贈る原田淳子学匠。少数なれど熟 […]

  • 第75回感門之盟100shot #01 文字に声、紅を差し、感じる門。

    学衆がBarの客になれば、学匠はママになる。プラニングがキソイで磨かれれば、師範・師範代はイシス初CM制作に挑む。『情報の歴史21』はついに刊行、千夜千冊でフェチが胎動。オンライン2days感門之盟もこれで二度目、しかし […]

  • 松岡校長が学匠に託したいもの 47[守]46[破]伝習座 20shot

    ▼同時進行する守破パラレルワールド 時同じくして開始した47[守]、46[破]伝習座。[守]が集う1階本楼では生まれたばかりの教室名とともに大海に漕ぎ出そうとする師範代に向けて「これでもか!」と指導陣が背中を押す。インプ […]

  • 1000記事間近! 切り番ゲッターは誰だ?!

    あれから525日が経ちました。遊刊エディストがオープンしたのは2019年9月3日のこと。この1年5ヶ月、毎日記事を更新しています。公開記事も970を超えて、ついに1000間近となってきました。来るべき1000記事目はど […]