編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年1月]

2022/01/12(水)08:29
img

毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です!

みなさんにとってのイチオシ1本はどの記事でしたか?

 

では、遊刊エディストをさらに楽しむ「エディスト・セレクション」、お楽しみください。

 

◎遊刊エディスト編集部◎ 吉村堅樹 林頭, 金宗代 代将, 川野貴志 師範, 後藤由加里 師範, 上杉公志 師範代, 梅澤奈央 師範、松原朋子 師範代

 

 

    • 1  後藤’s 推しキジ! 
    •      ─ “編集者 松岡正剛を編集する”でPick!

 

⦿【松岡正剛 映写室 Take-01】どこでも読む書く

ついに林朝恵が動き出しました。この2年ほど松岡正剛を追いかけて、撮りためていた記録映像を編集し、蔵出ししていくという。遊刊エディストでは視聴しやすいショートクリップになっています。林さんは新春放談でも抱負を語ってくださいました。2022年は《たくさんの校長》を届けてくれることを期待しています。── 後藤 由加里

マツコ
マツコ
どこでもいつでもかけるように訓練を積んできた松岡校長の方法!うーん、すごい。これが3分の映像で見られるのはホクホクです~。2019年の遊刊エディスト創刊からはじまった林・後藤コンビによる松岡校長の撮影。いよいよ蔵出し映像もふくめエディストに掲載していただけるとのこと!さらなる映像表現に期待大!!

マツコ’s Plus Five!

 これまでだって映像表現はトライしてきているのだぞ 
 ”林朝恵’ 映像Work 5選”

  ●イシスCMがズラリ誕生【75感門】

  松岡正剛が明かす「千夜千冊の秘密」丸善創業150周年記念講演 Movie

  松岡正剛が語る花伝所という方法、入伝式前夜 Movie

  松岡正剛が迫る鈴木康代の編集、45[守]伝習座 Movie

  松岡正剛が願うモンスターの出現、44[破]伝習座 Movie

2 マエストロ上杉’s 推しキジ! uesugi
      ─ 応援ファンファーレでPick!

 

⦿【多読SP】冊匠賞受賞作全文掲載(林愛)

林愛さんによる、多読ジムSPコース「大澤真幸を読む」冊匠賞受賞作。
大澤さんの著作『〈世界史〉の哲学 近代篇2 資本主義の父殺し』をきっかけに、「父・母」にはじまる二項対立への根源的な問い直しや、林さんが10代の頃に「残酷な神」だと感じていた「親」に自らなるという葛藤に、これまでかというほど対峙しつづけた、読む側にも相応の覚悟が求められる渾身の作品です。完成までには、洋の東西を超え、近代に向き合うために古代まで立ち返った林さんの並々ならぬ編集プロセスがあったものと想像しています。
林さんといえば、エディストの最初期から主にみちのく周辺のニュースを丁寧な取材で記事に仕上げてきたライターであり、最近では多読ジム「三冊筋プレス」の執筆もはじめた「継続の達人」。エディスト編集部でも、知のアウトプットを積み重ねてこられた林さんの受賞に大いに湧き立ちました! ますますご活躍していただきたいお一人です^^ ※林さんの記事はこちらからご覧いただけます。 ──上杉 公志

マツコ
マツコ
わたくしマツコも、新春放談の今年の抱負は、林愛さん、猪貝さんの受賞を発端に語らせていただきました。エディスト・ライターズの活躍がうれしい。上杉さんのいつも優しい目が光るSelectionです~。
  • 副編集長 金’s 推しキジ! 
          ─ ザックザクでPick!

 

⦿ついに公開!セイゴオ本が動画になる「册影帖」制作裏舞台 10shot

松岡正剛の本一冊につき、一本の映像を作るという、前代未聞のとんでもなく贅沢なプロモーション・プロジェクトでかつ、めちゃくちゃ凝っている。舞台裏を知らせてくれる10shotと同時視読で埋蔵感倍増。『フラジャイル』に続き、第二弾の制作も進行中!──金 宗代

マツコ
マツコ
これは有無も言わさず「見てくれ!」と思う10shotでした。写真家・川本氏のアートワークを綴る後藤さんのキャプションにも注目したい。

吉村林頭’s 推しキジ! yoshimura

  •      ─ イシスの今をPick!

 

⦿大阪のおばちゃんの実像は?

⦿師範代は回答がお好き――回答があれば似顔絵も描ける

48[守]は白川、若林の新番匠二人を加え、久々の番匠三人体制を敷いている。番匠陣の扇の要でもあり、九州支所「九天玄氣組」組長の右腕でもあるのが石井梨香番匠だ。その目配り、気配り、心配りの編集職人ぶりは、すでにベテランの域に入っている石井ではあるが、ますます記事執筆のフットワークは軽く、編集知、世界知の研鑽にもさらなる貪欲さを見せている。汁講をレポートした2記事は、さらに磨ける余地はあるが、今年の石井の飛躍の予感とともに推したい。── 吉村 堅樹

マツコ
マツコ
若々しい新緑のような[守]を感じさせるエピソード。会わなくても、会えなくても、回答からお互いを感じ取っているんですよね。かぐわしい[守]の教室。[守]のかおりって、やっぱりいいですね。まだ味わっていない方にもぜひ体験してほしい。

 

マツコ’s Plus One🐶!

 石井梨香番匠といえば、マツコ的にはこれを見逃せません!

 「リカちゃん・クッキングぅ~」 一覧はこちらから

 

        •  川野’s イチオシ! 
        •      ─ 流麗な文章表現でPick!

 

⦿イドバタイムズ issue.1「育ちの場がイシス式になる日」を推します。
子ども向けの編集遊び空間として立ち上がった「子どもフィールド」のすがたを紹介する記事なのですが、まだ足りてないところを包み隠さず伝える内容になっています。プロモーション的な意味合いを持っているはずの記事で、こういうスタイルはかなり珍しい。関わるみなさんの真摯さだけでなく、ごく小さい子どもに編集に触れさせる意義や課題を本質的に感じさせるものになっています。お話の内容も抽象と具体を大きく往還しており、「子どもフィールド」の今後が大いに期待できますね。 ── 川野 貴志

マツコ
マツコ
今年は新春放談に松井路代師範代も登場して、川野さんと子供フィールドについても放談しています。2022年の活動も楽しみ!

 

マツコ’s Plus One🐶!

さいごに。

マツコが選んだ年末の見逃せない編集部Presents記事!

いまさら聞けない?! 2021年イシス編集学校クロニクルぅ~。後藤さん、すごい。yeah!

 

Back Number エディスト・クロニクル

エディスト・クロニクル2020 #03 ハイパー・メディエーションに向かって

エディスト・クロニクル2020 #02 オンラインに感じるトポス

エディスト・クロニクル2020 #01 哀悼の幕開け

エディスト・クロニクル 2019 Movie #03 離ユニオンと出世魚

エディスト・クロニクル 2019 Movie #02 言葉・偏愛・ETS

エディスト・クロニクル 2019 Movie #01 更新する師範と感門

 

みなさんのオシは、見つかりましたか?

以上、2021年12月の記事から、エディスト編集部の”推しキジ” を厳選してお届けしました。

2022年もどうぞよろしくお願いいたします。


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年5月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です! 遊刊エディストをさらに楽しむ「エディスト・セレクション」2022年5月号、お楽し […]

  • イシスDO-SAY 2022年5月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   編集学校の入門コース[守]が4月に開講となりました。が、ま […]

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年4月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です!   今月はイシス編集学校 48[守]を卒門したばかりの山内貴暉さん(はいから官界 […]

  • イシスDO-SAY 2022年4月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。今月は様々な講座が開講になります。ぜひ春から新しいことを始めてみてください […]

  • 満を持しての師範登板 47[破]玄々書【78感門】

    第78回感門之盟「REMIX編集草子」の2日目、47[破]突破式にて、初めてロールをまっとうした竹川智子師範へ松岡正剛校長直筆の書が贈呈された。今回から、この書は「玄々書」と命名されている。   ◆47[破]  […]