Edist編集部の今月オススメ記事はこの1本!【2020年5月】

05/09(土)10:49
img
  • 毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーたちから、今月おさえておきたいオススメ記事をお届けします。エディストをさらに楽しむ「エディスト・エディション」、どうぞ。
  •  
  • ◎遊刊エディスト編集部◎ 吉村堅樹 林頭, 金宗代 代将, 川野貴志 師範, 後藤由加里 師範, 上杉公志 師範代, 松原朋子 師範代
  •  
  •  
  •  
    • 1 後藤’s Choice! 
    •      ─ 波及のインパクトでPick!

  •  
  • ●原田淳子 学匠による「校長の飛び入りを誘った、[破]伝習座きわどい共読シーン

  •  

    44[破]オンライン伝習座でのワンシーンを切り取った記事。セイゴオ知文術の課題本『稲垣足穂さん』の解読を担当した関評匠の読みに感応した松岡校長が飛び入りで登場した。

  • そのことを「どうしても書きたかった」と原田学匠の<感>が動き、記事化となりました。ISIS Facebookにアップされると反応も上々。評匠、校長、学匠それぞれのひだに触れるような<感>が<感>を呼び、読者の<感>を起こしていきました。やわらかく、ちょっぴり切ない感応を味わえる記事です。

 

 

  • マツコ:この伝習座を経て、44[破]は、4月20日に無事にスタートしましたね~。原田学匠がその瞬間をこんな風に記事にしています。COVID-19 の世界的伝播の中はじまった[守]・[破]で、学衆たちの回答に、どんな<感>が映し出されていくか、見逃せない期になりました。

 

 

  • 2 林頭 吉村’s Choice! 
  •      ─ イシスの今をPick!

  •  
  •  

    15年続いてきたハイパー・コーポレート・ユニバーシティの最終講義。今回でこれまでの形は一区切りになる。その最終講義の最終セッションでは、松岡正剛が世界知、方法日本、情報編集と自著を使って、何をこれまで伝えようとしてきたかを語った。さらにウィズコロナ時代にはこれくらいのスコープは最低限持っていてほしいと二十二冊を提示。今、必読のラインナップ。読むべし。

 

マツコ:ほんとに!それぞれが次を構想するとき、この記事を、ぜひ参考にしていただきですね。ポスト・コロナがやってくる前に20冊を読破できるか?!松岡校長による講義チラ見せボーナス動画もうれしいプレゼントでした。

  •  

 

 

マツコ:井ノ上シーザー is back!! シーザーがバンコクから日本へ帰国したことも、Edist界隈のホットニュースでしたネ。[守]がはじまったばかりの皆さんの躍動を、またレポートしていただきましょう♪

 

  •  

    4 副編集長 金’s Choice! 
  •        成長著しいこの人をPick!
  •  

 

テキストの筆致と、コード・タッチが軽妙洒脱。それから、キチッと推敲していますね。この「キチッと推敲」が意外とできないものです。NESTで大活躍の小倉さん、米川さんは、実は多読ジムの「多読師範」ロールも担っています。「三冊筋プレス特集」がありましたが、今後も多読 × エディストの展開に、こうご期待。

 

  • 川野’s Choice! 
  •      ─ 流麗な文章表現でPick!

 

  • 「三冊筋プレス」は、さすがに多読ジムのみなさんからの発信だけあって、内容だけでなく、表現にも編集が凝らされたものが続々とやってきますね。

     

     

    カフカを読む切り口を提示するんですが、「カフカで笑ってみよう」という結論に持っていくのに、冒頭で志村けんのバカ殿とかMr.ビーンとかを放り込む。「何故笑えないのか」という考察そのものも周到だけれども、感覚的な理解も助けるように計算されているところがスゴいですね。「分かる」ということを多面的に進めさせるように書いてある編集が素晴らしいと思いました。

 

マツコ:今月は米川さんの記事が2本ピックアップされています~👏

どうやったら3冊を、こんなおもしろくリンクさせられるのか?と、思っちゃいます。多読ジムに通えば、そして、読書筋を鍛えたら、これ、私にもできるようになるんでしょうか?!?!

もうひとつ、三冊筋シリーズで見逃せないのは、カバーフォトのデザイン(編集工学研究所デザイナー穂積晴明)です。

 

三冊筋プレス: by 小濱有紀子米川青馬三津田知子中原洋子福澤美穂子渡會眞澄宗代

 

 

みなさんのオシは、見つかりましたか?

以上、2020年4月の編集部おすすめ記事をお届けしました。

 

5月も見逃せないぞ、遊刊エディスト! またどうぞお楽しみに~

 

 

(Comments by マツコ@編集部 )

 

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • イシスDO-SAY 2020年9月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   6月に創立20周年を迎えたイシス編集学校は、9月20日・2 […]

  • 多読ほんほん2014 冊師◎宮野悦夫

    2014年は暑い夏だった。集団的自衛権の行使が容認され日本中が騒然とするなか、8月、広島市北部では豪雨による土砂災害が発生。山稜がパックリ割れて、家々を木っ端微塵になぎ倒した。9月には御嶽山が噴火。戦後最悪の火山災害は […]

  • ISIS 20周年師範代リレー[第8期 鈴木元一朗 編集の型でトップをとったレジェンド]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月1日に20周年を迎えた。現在開講中の第45期の師範代まで、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

  • 多読ほんほん2011 冊師◎景山卓也

    2011年といえば「3.11」。地震、津波、原発という問題・関心が一挙に日本中に広がりました。震災直後に更新されました1405夜 『新版 活動期に入った地震列島』には、3月11日の翌日に24[破]の伝習座が開催され、こ […]

  • 【イシス祭@鎌倉横浜】浜っ子は夢を担ぐよ、washoiは世界の言葉じゃん!

    1946年、大戦直後の鎌倉に自由大学「鎌倉アカデミア」が創設されました。わずか4年半で閉校してしまいましたが、教える者と教わる者とが高揚し発奮し、風流な過差をもって時代を切り拓き、演劇、映画、文学の分野で一世風靡する才能 […]