ジャイアン五箇条――46[守]新師範代登板記 ♯12

2021/01/29(金)10:30
img

 師範代というロールを請け負って3カ月が過ぎた。師範代をやりながら遊刊エディストの記事を連載しているせいか、イシス関係者から「大変ですね」と言われることが多い。
 ジャイアンは天邪鬼である。大変だと言われれば、「本当にそうか?」と考えたくなる。そもそもこの発言の前提に、「師範代は大変だ」という共通認識がある。その上さらに、というわけだ。

 

 師範代ロールは、本当に大変なのだろうか?
 舞台裏を明かすと、当初、「師範代は楽勝だぜ!」という記事を放り投げたのだが、エディストの担当編集K氏から、あまりに乱暴だとケチがついた。ジャイアンが大変だと感じていないのはなぜか、「深掘りをして方法的に記せ」という。
 いわば「彩回答せよ」と指南されたということだ。


 ムムム。
 隙間時間をうまく活用するとか、同期師範代との繋がりが支えになるとか、睡眠時間は確保したほがいいとか、学衆を信じて語りすぎないようにするとか、書いた指南をすぐ放らず機を見るとか、細かなテクニックは数多あるが、こんなことじゃないよね。
 仕方ない。ジャイアンが実践している「師範代を楽しむ5つの方法」を言葉にしてみることにした。

 

一、学衆は『東京ラブストーリー』の赤名リカである

 学衆がいつ回答を放ったかに師範代は左右される。この時間に指南をしよう、という計画は成り立たない。だから計画しない。
 気持ちとしては、赤名リカと付き合っている感じか。突拍子もないタイミングで思いもよらない回答が届く。「振り回される」ことに身を投じてみれば、これは案外刺激的である。師範代は振り回されながら前に進んでいくのである。特に番ボー指南は、即応が基本なので、振り回されっぷりも半端ない。だからこそ、愉悦も人一倍だ。
 教室で起きるあらゆるアクシデントも、場を動かす大きな機と考えれば、「待ってました!」となる。

 

一、学衆の回答は、素敵な本が詰まった福袋である

 回答には、学衆の「地」が関わってくるので、専門的な話題も多い。正直、回答を読んでもすぐにわからないことも多いのだが、ジャイアンは気にしない。師範代は何でも知っている必要はないのだから。もちろん調べた上だが、どうしてもわからないことは聞けばいいし、聞けば教えてくれる。ちなみにジャイアンは、合気道、ブロードウェイ、模型の作り方、賞味期限切れの食材を使った料理法など、いろいろ詳しくなった。これまで気づかなかった新しい価値を知ったのである。
 さらに学衆はひとりではない。角道ジャイアン教室ならば9名の声が重なり合うので、化学反応が起こる。

 

一、学衆は、師範代の赤ペン先生である

 ジャイアンは「教える」なんてこれっぽっちも思ったことがない。だいたい教えることなんてひとつもない。型? 型ならお題に書いてある。教えるというより、回答から型を取り出しているに過ぎない。
 学衆はジャイアンにとっての赤ペン先生だ。毎回、「あ、こんなふうに型を使うんだ」ということを事細かに教えてくれる。「教えなきゃ」と身構えるとプレッシャーは大になるが、「学んじゃうぜ」と思えば、指南は軽やかになる。
 時には工藤新一のように、回答に対して推論を働かせることもあるのだが、これはこれで、楽しい推理ゲームである。

 

一、学衆は、浄玻璃の鏡、時には白雪姫の鏡である

 地獄の閻魔庁に備えつけてある浄玻璃の鏡は、人の生前の一挙手一投足をすべて映し出すという。ジャイアンにとって、学衆は浄玻璃の鏡だ。学衆の回答や発言はすべて、師範代の振る舞いを投影している。学衆が楽しくなさそうな時は、師範代が楽しんでいない時だ。師範代が面白がっていれば、学衆もまた面白がる。師範代がイキイキとしていれば、教室もまた賑やかになる。
 だったらどうすればいいか。鏡に聞いてみればいい。
「この教室でいちばん楽しんでいるのはだあれ?」

 

一、学衆は、いちばん熱心な新聞小説の読者である

 教室の学衆ほど素敵で熱烈な読者はいない。だって師範代の指南を必ず読んでくれるのだから。書き手にとってみれば、「whom」が明確なのが心強い。読者の顔がみえる書き手ほど幸せな存在はない。しかも書くテーマに頭を悩ます必要もない。目の前に回答という与件がぶら下がっているのだから。
 ジャイアンは開講以来、新聞連載のつもりで、毎日1つ以上の指南を届けている。そう決めれば張りも出るし、実行すればリズムも生まれる。


 ふー。
 ひとことでまとめれば、誰が何と言おうと、イシスは「楽しんだもん勝ち」なのだ。ジャイアンはこの勝負で学衆に負けるつもりはない。オレサマがいちばん楽しむのだ!

 

▲左上から時計回りに、辻井貴之守師範代、桂大介守師範、福田容子破師範代、渡辺高志破師範、深谷もと佳花伝師範。ジャイアンが守・破・花でお世話になった先達たちだ(ロール名はその当時のもの)。先達から得た智慧が、五箇条の中に息づいている。

 

◆バックナンバー

ああ、それでもジャイアンは歌う――46[守]新師範代登板記 ♯1
ジャイアン、恋文を請い願う――46[守]新師範代登板記 ♯2
ジャイアンとコップ――46[守]新師範代登板記 ♯3
ジャイアンの教室名 ――46[守]新師範代登板記 ♯4
ジャイアンは教室とともに――46[守]新師範代登板記 ♯5
ジャイアンの1週間――46[守]新師範代登板記 ♯6
ジャイアン、祭の後――46[守]新師範代登板記 ♯7
ジャイアンの聞く力――46[守]新師範代登板記 ♯8
汁講ぞ、ジャイアン――46[守]新師範代登板記 ♯9

ジャイアン駅伝――46[守]新師範代登板記 ♯10

ジャイアンの破語り――46[守]新師範代登板記 ♯11


  • 角山祥道

    編集的先達:黒岩涙香。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代をしながら同時にエディストという前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • 【77感門】佐々木局長のヘンゲのチカラ

    「ダンゼンは取り逃がしやすい」    第77回感門之盟は、イシス再生の女神・佐々木千佳局長のこの言葉で始まった。だからこそ、「ダンゼンを方法で束ねる」のだと。方法で束ねる――卒門者、突破者は、この言葉に大きく頷 […]

  • 【77感門】初司会の嶋本昌子は、踊る・抱く・惚れる

    43[破]の合同汁講の時の話である。まだ本楼で汁講が出来ていた頃の話だ。  なぜかその場に、まったく関係のない師範代が来ていた。学衆からすると「あなた、誰?」という話である。聞くと、前日、自分たちの汁講があったという。 […]

  • 【77感門】校長第一声は「ヒゲだけかよ」

    5月に肺がんの手術をし、自宅にも本楼にも酸素ボンベ。そしてこれが、イシス全体に顔を見せる初めての機会である。松岡校長は、第77回感門之盟で何を口にするのか。誰もがその言葉を待った。  さすが校長は期待を違えない。これが […]

  • プラン6:東京イルマニア博物館 【46[破]DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix】

    46[破]DAN ZEN ISIS P-1 Grand Prix、『遊刊エディスト』誌上で予選を開催中。第77回感門之盟での本選出場をかけて、各教室から短期決戦の応援合戦だ。 さあ、あなたも心惹かれるプランに投票を! & […]

  • 相槌と藤井聡太と卓袱台と――46[破]伝習座レポート

    鼻に抜けるようにフゥーンといい、頷きながらウッウーンという。かと思うとフンッと否定入りの含み笑い。本楼の大テーブルで、ジャイアンの前にでんと座るおかっぱ頭のアザラシ師範は、何とも騒がしかった。5月29日に行われた46[ […]