イシスDO-SAY 2020年7月

07/01(水)10:39
img

イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。

 

6月に創立20周年を迎えたイシス編集学校の7月はいかに?!それでは、7月の「イシスDO-SAY」をどうぞ。

 

 

 

【2020年7月】

 

2020年7月4日(土) 風韻講座 仄明書屋

風韻講座の中で唯一1日リアルに集う仄明書屋(そくみょうしょおく)がある。今季はこれを、オンライン仄明として実施。参加者には、編集学校から豪徳寺のお寺までを歩いた映像が送られ、それぞれがつくった句が交わされる。

▶ 関連記事「第1回連雀会議~風韻史上初の「オンライン仄明」に向けて

関連記事「風に乗ってふらり旅する秘湯歌仙

▶ 関連記事「南仏から遠来の客人 小津夜景を迎えて

 

 

 

2020年7月11日(土)工冊會(こうさつえ)

多読ジムの伝習座。冊師、多読師範が集い、Season3にむけて交わし合う。多読ジムを受けるべきか?問診票はこちら

▶関連記事「多読ほんほんリレー00 イシス20周年企画START!

 

2020年7月11~12日(土日)第33期 花伝所 キャンプ

指南編集トレーニングキャンプの開催。7週間を終えて、師範代認定をかけた最後のトレーニングがオンラインで開かれる。

関連記事

▶関連記事「世阿弥に肖り 33[花]入伝式 10shot

▶関連記事「33[花]入伝式「生命にまでリバースせよ」パンデミックな林頭講義

 

2020年7月13日(月)多読ジム Season3開始

多読ジムSeason3がスタートします。今期のBook Questでは、2000年にスタートした編集学校の第1期・第2期の先達文庫43冊から3冊を選んで読み込む。Edition読みは、最新の『宇宙と素粒子』。

▶関連記事「ステイホームは多読ジムで【season03・夏】 仮予約・残席僅少・絶賛受付中!

 

 

 

7月14日(火) 「情報の歴史プロジェクト」 松岡ディレクション

松岡正剛校長が監修し、あらゆる情報文化史を同時年表化した書籍『情報の歴史』(NTT出版、1996年)の歴象アップデートと出版を目的とした「情報の歴史プロジェクト」。松岡正剛のディレクションミーティングが行われる。

▶関連記事「年表上で演出を 情報の歴史プロジェクトMTG

 

 

2020年7月18日(土)44[破] AT賞 選評会議

[破]で行われる編集コンテストのひとつ、AT賞(アリストテレス大賞)の選評会議の開催。

▶関連記事「44[破]AT知文・アリストテレス大賞受賞、竹岩直子さんインタビュー: より能動の、深い読書体験

▶関連記事「44[破]AT知文・テレス大賞受賞、松木裕人さんインタビュー: 遺伝子に見出したアナーキーな連帯

 

2020年7月23日(木)、7月24日(金) 師範IS&IS講5(オンライン)

2019年2月発足した「師範IS&IS講」。イシス編集学校の師範が集い、編集工学を深め、研鑽し合う特訓場。今回は、2020年だけ出現する2連休をいかしてのオンライン開催となる。

▶関連記事「師範IS&IS講 11/30開催

 

2020年7月25日(土)エディットツアー オンライン開催 / @東京・豪徳寺

このエディットツアーをスタート地点に、全国オンライン・エディットツアーが連打させる予定。週に3-4回のペースで、全国各地ゆかりの師範代やゲストを招いたオンラインツアー。

▶関連記事「2020ETS編集聖火キャスト00 駆け抜ける参加者たち

 

2020年7月26日(日)第4回 輪読座

イシス20周年記念となる今年の輪読座のテーマは「世阿弥を読む」。 第4回は『申楽談義』を読む①。「能役者の芸風」「能作(作劇法)」、「勧進能・翁の事」「仮面に関する事」を深めていく。

▶関連記事「難読文章だけじゃない!輪読座は絵だって読む

▶関連記事「【輪読座】『風姿花伝』から『花鏡』へ 「用」から「体」へ

 

 

7月31日(金) 第33期 花伝所花 敢談義リハーサル

放伝して師範代になろうとする方々が参加する1日プログラムである敢談義が8/1に開催。花伝師範、番期選考委員会(学林局、学匠)が総出で、グループ・ディスカッション等をサポート。前夜31日はリハーサル開催。

▶関連記事「人はどうして学ぶのか?「わかる」の先にあるものは 33[花]入伝式

 

 

 

———-

過去のDO-SAYをチェック!

 

イシスDO-SAY 2020年1月】 

 

イシスDO-SAY 2020年2月】 

 

イシスDO-SAY 2020年3月】 

 

イシスDO-SAY 2020年4月】 

 

イシスDO-SAY 2020年5月】 

 

イシスDO-SAY 2020年6月】 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • エディストショップ#1:64技法風呂敷【20周年感門之盟】

    ノートに鉛筆、龍角散にドライバー、年表に星座盤…。 どれも『雑品屋セイゴオ』(春秋社)で登場する、校長のフェチな品々だ。     知的フェチをくすぐる品々をお届けするエディットショップが遂にオープン! […]

  • 46[守]教室名発表 ~ドラム&ギターに言祝がれ~

    第74回感門之盟、2日目の中盤にさしかかるころ、第46期[守]の師範代と教室名が発表された。   本楼スタジオでは、美濃越香織 錬成師範、嶋本昌子 錬成師範が進行役をつとめた。おなじみ浅羽登志也 師範のドラム演 […]

  • 「ガンダム」に「おまかせ」!? 出世魚した45[破]の9教室

    ブリ、スズキ、ボラは、成長とともにその名前が変わる「出世魚」だ。江戸時代には、元服や出世の際に名前を変えたことに似ているため、縁起ものとして出世魚は喜ばれたようだ。   イシス編集学校の教室名も“出世魚する”。 […]

  • 44[破] 先達文庫 第74回感門之盟

    20周年記念「Edit Japan2020」第74回感門之盟、午後の部は、44[破]突破式からはじまった。原田淳子[破]学匠が、44[破]を振り返りながら、お祝いのメッセージを贈る。   「今期は、コロナウィル […]

  • 第18座 風韻講座 アワード3賞は誰の手に?!

    第74回感門之盟の2日目。午前の部では、風韻講座 第18座 夕星座の韻去式が行われた。   風韻講座とは、編集の型を使いながら日本の定型詩を学ぶ・遊ぶ講座である。申し込み開始から、ほぼ一晩、おそくても二晩で埋ま […]