ジャイアン花火大会――46[守]新師範代登板記 ♯15

2021/02/26(金)09:42
img

 2月21日は、46[守]の卒門日だった。
 10月26日に最初のお題が出されてからちょうど17週間。ここまで来たならひとりでも多くの学衆に、38番稽古を終えた後の景色を見せたい。師範代の共通の思いだ。46[守]の卒門にいたる過程では、大阪カルダモン教室をはじめ、いくつもの奇跡が起こったのだが、それはまた別の話。

 

 ジャイアンは自分の学衆時代を思い出していた。
 最終日にあと6番まで来ていた学衆Oがいた。〆切10時間前に師範代から激励のエールが送られた。仲間が声をあげるタイミングだ。しかしジャイアンは動かなかった。いや動けなかった。共読もいい加減にすまし、勝手気ままに稽古をしてきたジャイアンに、かける言葉は浮かばなかった。ようやく〆切1時間前に檄を送ったが、今思えば、「オレは応援したぜ」というアリバイ作りだったように思う。
 
 用法1で脱落した学衆もいた。
 中でも001番でトップ回答を果たした学衆Tは、冒頭で仲間に呼びかけるなど、積極的に関係線を結ぼうとしていた。最初から回答の前にマクラを書いていた学衆は、T一人だった。ジャイアンはどうしたか? まったく反応しなかったのである。Tの回答は徐々に遅れ始め、2週間経たずに教室から消えてしまった。

 

 この時のことがキズになっている。
 守の稽古は楽しかったし、いい仲間もできたけれど、このキズは癒えない。
 なぜか。自分にやれることがあって、しかも薄々そのことに気づいていたのに、動かなかったからだ。ジャイアンは様子見を決め込んでいたのである。はっきりいって臆病だった。
 師範代になったのは、この時のキズがうずくからだ。

 

「あの時のジャイアン」は、師範代となったジャイアンにとって、常に反面教師だった。「あの時のジャイアン」は臆病で遠慮していた。だったら師範代としてやるべきことはひとつ。「あの時のジャイアン」であっても、伸び伸びと声を出せる場をしつらえること、それだけだ。ここなら何をしてもいいよ。一緒に遊ぼう。17週間、ジャイアンが口にしてきたことは、これだけだ。
 

▲出題時に、花火の打ち上げを予告。


 最後の出題、ジャイアンは9人分のお祝いの打ち上げ花火を用意した。
 卒門記念に花火を打ち上げるのは、イシスの伝統行事だ。だが小さい花火じゃつまらない。ジャイアンはド派手に決めるべく、四尺玉の花火を何日も前から準備していた。
 出題日の夕方。教室のファーストペンギンから最終お題の回答が届いた。21分後、ジャイアンは暮れかかった空に四尺玉を打ち上げた。いい眺めだ。
 するとその30数分後、なんと学衆のひとりが「た~まや~っ~!!!」と二発目の花火を打ち上げたのだ。仲間がお祝いメッセージを贈ることはままあるが、花火とは! するとわれもわれもと、メッセージ付きの花火が夜空に開いた。あとで数えてみると、上がった花火は全部で80もあった。
 先にゴールの門をくぐった学衆は、38番のお題を駅伝に見立て、<勧学会>に応援席を設置。「大手町ゴール地点」に「こたつ」を用意した。ここで暖を取りながら仲間を応援しようという趣向だ。
 誰かがゴールするたびに空に大輪が咲き乱れ、奮闘を続ける仲間に、沿道から声援やアドバイスが飛んだ。仲間への回答ヒントを用意した学衆もいた。自分の回答が終わっていないのに、花火を打ち上げに来る学衆もいた。
 ジャイアンは何をしていたかって? 花火を9つ順に打ち上げただけだ。やるべきことは、学衆がすべてやってくれていた。

 

 最後の出題、実はもうひとつこだわったことがあった。
<教室>の「ウェルカムメッセージ」の文言を、稽古前半と後半でガラッと変えたのだが、ひとつだけ変更しなかったものがある。それがこの言葉だ。

 

 弱々しい声でも、調子っぱずれでもかまわない
 デタラメな歌でも、つぶやきでもかまわない
 自信満々でいい、自信がなくてもいい

 発すればカワル、言葉にすれば場が動く

 

「あの時のジャイアン」に向けた言葉だ。これを、最後のお題冒頭に掲げた。

 

 じりじりと時が過ぎた。仲間が固唾を呑んで見守る中、〆切より一日早く、最後の9人目の走者が大手町のゴールに飛び込んだ。
 回答の冒頭にはこう書かれていた。

 

師範代、皆さん 温かい声援ありがとうございます!
弱々しい声でも、調子っぱずれでもかまわない。
デタラメな歌でも、つぶやきでもかまわない。
自信満々でいい、自信がなくてもいい。
って、言ってくれてるから回答します!

 

「あの時のジャイアン」も一緒にゴールに飛び込んだ気がした。

 学衆全員が卒門したことが嬉しいんじゃない。9人全員が最後まで声を発し続けてくれたことが、たまらなく嬉しいのだ。
 ジャイアンは花笑んだ。「あの時のジャイアン」が泣いていた。

 

▲教室に80発打ち上げられた四尺玉の花火。学衆の一人からは「この花火が見たくてがんばった」と嬉しい言葉が。

 

 

◆バックナンバー

ああ、それでもジャイアンは歌う――46[守]新師範代登板記 ♯1
ジャイアン、恋文を請い願う――46[守]新師範代登板記 ♯2
ジャイアンとコップ――46[守]新師範代登板記 ♯3
ジャイアンの教室名 ――46[守]新師範代登板記 ♯4
ジャイアンは教室とともに――46[守]新師範代登板記 ♯5
ジャイアンの1週間――46[守]新師範代登板記 ♯6
ジャイアン、祭の後――46[守]新師範代登板記 ♯7
ジャイアンの聞く力――46[守]新師範代登板記 ♯8
汁講ぞ、ジャイアン――46[守]新師範代登板記 ♯9

ジャイアン駅伝――46[守]新師範代登板記 ♯10

ジャイアンの破語り――46[守]新師範代登板記 ♯11

ジャイアン五箇条――46[守]新師範代登板記 ♯12

節分とジャイアン――46[守]新師範代登板記 ♯13

1000番ジャイアン――46[守]新師範代登板記 ♯14


  • 角山祥道

    編集的先達:黒岩涙香。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代をしながら同時にエディストという前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • 相槌と藤井聡太と卓袱台と――46[破]伝習座レポート

    鼻に抜けるようにフゥーンといい、頷きながらウッウーンという。かと思うとフンッと否定入りの含み笑い。本楼の大テーブルで、ジャイアンの前にでんと座るおかっぱ頭のアザラシ師範は、何とも騒がしかった。5月29日に行われた46[ […]

  • コロナも停電も乗り越えて――46[守]師範代座談会

    2020年10月26日に開講し、133日間走りきった46[守]。この期は、別院が想定外の盛り上がりを見せたり、各教室でエディティングキャラクターが突出したりと、「NEXTイシス」のうねりを感じさせる期となった。  では […]

  • ジャイアンの盟――46[守]新師範代登板記 ♯18

    3月13日、ジャイアンは本楼にいた。感門之盟に列するためだ。  卒門式では1分半で挨拶をせよ、という。本楼に向かう京急の中で挨拶文を考えながら、あることに気づいた。「何を喋ってもOK」という自由な時間――換言すれば時間 […]

  • ジャイアン問答【不足篇】――46[守]新師範代登板記 ♯17

    「編集は不足から生まれる」  今だから正直に言うが、ジャイアンは学衆の頃から、この言葉を掴みかねていた。師範代になってからもしばらく茫洋としていたのだが、ここにきてようやく、「これだ!」と思えるようになった。  教えてく […]

  • ジャイアン問答【対話篇】――46[守]新師範代登板記 ♯16

    卒門後も、角道ジャイアン教室のうねりが止まらない。現在は、「連絡網の名称決め」が、稽古さながらに熱を帯びている。たかが名称決め、と思うなかれ。こういう遊びに知力と時間を使う角道ーズをジャイアンは誇らしく思う。やはり「編 […]