【このエディションフェアがすごい!28】ジュンク堂書店 三宮店(神戸市)②

2021/07/25(日)09:00
img
 「このエディションフェアがすごい!」シリーズ、第28弾は兵庫県神戸市のジュンク堂書店三宮店の続報です。(第1弾はこちらへ)ライターはイシス編集学校師範代の辻井貴之さんです。フェアは8月31日まで。

 

◇◇◇

 

ジュンク堂発祥の地、神戸・三宮店で始まった「知祭り」もスタートから三週間。燃え上がる夏の太陽に呼応するかのように勢いを増している。

 

■時を忘れる魅惑の空間

フェア会場は5階。自然科学系から人文系まであまねく取りそろえられた専門書の海の中、異質な存在感を放つ「知祭り棚」。

 


「知祭り」は一人一人のお客様の滞在時間が長いですね。普通のフェアだとさらっと流れるのですけど、今回は結構じっくりとみなさん見ていかれます。そこだけ異なる時間が流れているような。

(ジュンク堂三宮店店長 堀内理さん)


 

「とてもいい時間が流れている」堀内店長は今回のフェアをそう評価する。

 

 

広々とした空間で誰にも邪魔されずじっくりと本に向き合える。

 

■玄人集う三宮

三宮店は2~5階までの売り場総面積が1,364坪と、兵庫県で一番大きな店舗だ。「他の店舗にはない本もここなら手に入る」県下の読書人たちの期待を一身に引き受けてきた。

 


最初はお客様の絶対数は少ないという印象でしたが、徐々に売り上げも伸びており、今、確実に増えてきています。特に松岡正剛さんのファンの方をはじめとする読書熱の高いお客様にしっかり来て頂いていると実感しています。

(フェア担当 小寺啓史さん)


 

 

売れ筋は『情報の歴史21』。キーブックではアルベルト・マングェルの『読書の歴史』が売れているという。いずれも重量感抜群。熱量の高い読書家たちがフェアに訪れていることがうかがえる。

 

 

エディションは『仏教の源流』と新刊の『資本主義問題』がツートップ。特に『仏教の源流』が売れているのは意外だったとのこと。「奥に仏教書の棚があるのでその流れで足を止められたのではないか」と堀内店長は分析。

 

物語カテゴリーも好調。中でもヘルマン・ヘッセ『デミアン』の売れ行きが芳しい。普段以上に売れているとのことで「知祭り」効果が垣間見える。2冊の『人間人形時代』は新しく追加。本棚の様相も刻々と移り変わっていく。

 

■改造計画進行中

魅惑の空間はジュンク堂三宮店とイシス編集学校のコラボレーションで生まれた。現在も堀内店長、フェア担当の小寺さんの多大なる協力のもと、棚のリニューアル計画が進行中だ。

 

キーワードをもっと目立たせてはどうか?エディションの配置を動かすのは?等々、打ち合わせでは双方から意見が飛び交った。

 

棚の前でアイデアを出し合う堀内店長、小寺さんと編集学校のメンバー。

 

■いよいよ後半戦!

7/1に始まったエディションフェアも残り1ヶ月。抜群のタイミングで『資本主義問題』が投入され、ますます盛り上がりを見せている。堀内店長、小寺さんが後半戦へ向けて力強く意気込みを語ってくださった。

 


売り上げも客数もまだまだ伸びる余地はあると思っています。本の追加や入れ替えを随時行い、1回買っていただいた方にも、もう1回、2回と来店して頂けるような空間づくりを心がけていきたいと思います。(小寺)


 


今回のフェアはここまで想定以上できています。お客様の数も売り上げもいい感じに伸びてきているので、後半戦もフックになるようなものを投入し客数、売り上げ共に伸ばしていきたいです。(堀内)


 

(左)堀内店長、(右)小寺さん 最新エディション『資本主義問題』を手に。

 

 

書店入り口のエレベーター正面には鋭い眼光で来店者を射抜く松岡校長が。

 

ジュンク堂三宮店のエディションフェアは8月31日まで。あなただけの宝物に出会えるチャンスがここに。だんだんと変化していく「知祭り屋台」を見逃すな!

 

(左)マンガのスコアで活躍中、堀江さんのお気に入りは『サブカルズ』と『観念と革命』

(右)取材を担当した辻井のお気に入りは『宇宙と素粒子』と『デザイン知』

 

今回の打ち合わせに参加した編集学校メンバー(左から堀江、吉野、辻井、写真撮影は木藤)

 

文:辻井貴之

写真:木藤良沢

 

Back Number

【このエディションフェアがすごい!28】ジュンク堂書店三宮店(神戸市)②

【このエディションフェアがすごい!27】丸善仙台アエル店

【このエディションフェアがすごい!26】敷島書房(山梨県甲斐市)

【このエディションフェアがすごい!25】ジュンク堂書店大阪本店

【このエディションフェアがすごい!24】ch.books(長野市)

【このエディションフェアがすごい!23】丸善京都本店②

【このエディションフェアがすごい!22】ジュンク堂書店吉祥寺店(武蔵野市)

【このエディションフェアがすごい!21】平安堂長野店

【このエディションフェアがすごい!20】丸善広島店

【このエディションフェアがすごい!19】丸善津田沼店(千葉県習志野市)

【このエディションフェアがすごい!18】ジュンク堂書店三宮店(神戸市)

【このエディションフェアがすごい!17】ジュンク堂書店大分店

【このエディションフェアがすごい!16】ジュンク堂書店難波店(大阪市)

【このエディションフェアがすごい!15】ジュンク堂書店三宮駅前店(神戸市)

【このエディションフェアがすごい!14】長崎次郎書店(熊本市)

【このエディションフェアがすごい!13】スワロー亭(長野県小布施町)

【このエディションフェアがすごい!12】丸善京都本店

【このエディションフェアがすごい!11】丸善名古屋本店

【このエディションフェアがすごい!10】ジュンク堂書店名古屋店

【このエディションフェアがすごい!09】ジュンク堂書店鹿児島店

【このエディションフェアがすごい!08】丸善松本店

【このエディションフェアがすごい!07】ブックセンタークエスト小倉本店

【このエディションフェアがすごい!06】丸善博多店

【このエディションフェアがすごい!05】りーぶる金海堂クロスモール店(宮崎市)

【このエディションフェアがすごい!04】喜久屋書店小倉店

【このエディションフェアがすごい!03】ジュンク堂書店池袋本店

【このエディションフェアがすごい!02】ジュンク堂書店福岡店

【このエディションフェアがすごい!01】ブックファースト新宿店

千夜千冊エディション20冊突破記念フェア開催中!

 最新開催店舗情報はこちらへ▼

 EVENT 千夜千冊エディション20冊突破記念フェア開催店舗情報(4)


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年6月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です! 今月は3人のゲストメンバーが推しキジを選定してくださいました。遊刊エディストをさ […]

  • 6月の季語のコマドリ

    イシスDO-SAY 2022年6月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   5月には松岡正剛校長の千夜千冊が執筆総数1800夜を迎える […]

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年5月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です! 遊刊エディストをさらに楽しむ「エディスト・セレクション」2022年5月号、お楽し […]

  • イシスDO-SAY 2022年5月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   編集学校の入門コース[守]が4月に開講となりました。が、ま […]

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年4月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です!   今月はイシス編集学校 48[守]を卒門したばかりの山内貴暉さん(はいから官界 […]