【このエディションフェアがすごい!31】田村書店 千里中央店(大阪府豊中市)

2021/08/03(火)10:00
img

田村書店千里中央店は、日本万国博覧会が国じゅうの耳目を集めていたころ産声を上げた、お客様に近い「愛され書店」です。

 

大阪千里は、いわゆるニュータウン開発の先駆けで、関東圏の都市開発にもさまざまな影響を与えました。こちら千里中央の大丸プラザ(現:オトカリテ)は、オイルショック時のいわゆる「トイレットペーパー騒動」の震源地といわれています。2021年、千里の地は、知祭りの震源地となるでしょうか。

 

田村書店は、千里中央駅ショッピングモール「せんちゅうパル」3階と4階に位置しています。大阪府・兵庫県一円に十以上の店舗を構えておられますが、千里中央店はその第2号店ということです。この日は時間帯もあり、制服を着た学生さんの姿も多く見られました。

 

4階の出入り口付近には、書籍の由来を紹介する額が。地元のお客様に愛されつづけている書店の、本への熱いリスペクトが感じられる一角です。

 

この地域は、転勤族も多い、いわゆるベッドタウンです。書店もファミリー層の利用が多く、3階は児童書が充実しています。夏休みが近いこの時期、腰を据えた読書をと意気込む子どもも、たくさん品定めに訪れます。やはりリアル書店の本棚で、いろんな本のタイトルを一堂に眺める体験こそが、「次の背伸び」への導きとなるはずです。

 

こちらのブックフェアは、4階レジ付近の、お洒落な一等地でご協力いただきました! 既刊の千夜千冊エディションがずらり。

 

松岡校長、千里にようこそ。千里吹田のランドマーク、岡本太郎の手になる「太陽の塔」に、この地は見守られています。かつて岡本太郎は、日本の伝統美術をゼロベースで見直すべきだと『日本の伝統』で挑発しました。「もし、本当に伝統があるとすれば、現時点では孤独な日本人が環境と対決して、アンチ日本を打ち出すことが本当の日本だと思うのだ」(鶴見俊輔との対談より)。

 

穏やかに控えめに、取材に応じて下さった西田店長。「提案型の本棚というよりは、地域に密着して、お客様の求める本を取りそろえるように心がけている」とおっしゃるが、お気に入りの千夜には『パンとペン』『俗戦国策』を挙げる。意外と硬骨漢?
『遊』『遊学』の読者でもあり、杉浦康平ファンでもあった西田さんのお勧めのエディションは『芸と道』。岡本太郎の挑発に応じるのは、世阿弥の背にまねび、琵琶法師の唸りに胸を絞られ、森重久彌の声に痺れてからでも遅くはありません。

 

また、西田店長は『資本主義問題』も印象的だったそうです。「今の時代の行き詰まりにフィットしている。単なる思想の右左でなく、システムで考えているところに特徴を感じる」。

ファミリー層中心となると、硬質の本はなかなか……と思いきや、コロナ禍で自然科学関連のハイブロウな本が出るようになったとも。難事が迫れば、オーソドックスな知を求める風土が、この地にも確かにある。太陽の塔の見下ろすこの場所で、一から知を組み直す小さな砦が、地元の愛され書店に立ち現れているのです。

 

千里中央店でのフェアは、8月末くらいまで。記事でご紹介した「一等地」での開催は8月15日までとのことなので、お急ぎください!

 

文:川野貴志

写真:野嶋真帆

 

Back Number

【このエディションフェアがすごい!31】田村書店千里中央店(大阪府豊中市)

【このエディションフェアがすごい!30】紀伊國屋書店新宿本店

【このエディションフェアがすごい!29】ジュンク堂書店郡山店

【このエディションフェアがすごい!28】ジュンク堂書店三宮店(神戸市)②

【このエディションフェアがすごい!27】丸善仙台アエル店

【このエディションフェアがすごい!26】敷島書房(山梨県甲斐市)

【このエディションフェアがすごい!25】ジュンク堂書店大阪本店

【このエディションフェアがすごい!24】ch.books(長野市)

【このエディションフェアがすごい!23】丸善京都本店②

【このエディションフェアがすごい!22】ジュンク堂書店吉祥寺店(武蔵野市)

【このエディションフェアがすごい!21】平安堂長野店

【このエディションフェアがすごい!20】丸善広島店

【このエディションフェアがすごい!19】丸善津田沼店(千葉県習志野市)

【このエディションフェアがすごい!18】ジュンク堂書店三宮店(神戸市)

【このエディションフェアがすごい!17】ジュンク堂書店大分店

【このエディションフェアがすごい!16】ジュンク堂書店難波店(大阪市)

【このエディションフェアがすごい!15】ジュンク堂書店三宮駅前店(神戸市)

【このエディションフェアがすごい!14】長崎次郎書店(熊本市)

【このエディションフェアがすごい!13】スワロー亭(長野県小布施町)

【このエディションフェアがすごい!12】丸善京都本店

【このエディションフェアがすごい!11】丸善名古屋本店

【このエディションフェアがすごい!10】ジュンク堂書店名古屋店

【このエディションフェアがすごい!09】ジュンク堂書店鹿児島店

【このエディションフェアがすごい!08】丸善松本店

【このエディションフェアがすごい!07】ブックセンタークエスト小倉本店

【このエディションフェアがすごい!06】丸善博多店

【このエディションフェアがすごい!05】りーぶる金海堂クロスモール店(宮崎市)

【このエディションフェアがすごい!04】喜久屋書店小倉店

【このエディションフェアがすごい!03】ジュンク堂書店池袋本店

【このエディションフェアがすごい!02】ジュンク堂書店福岡店

【このエディションフェアがすごい!01】ブックファースト新宿店

千夜千冊エディション20冊突破記念フェア開催中!

 最新開催店舗情報はこちらへ▼

 EVENT 千夜千冊エディション20冊突破記念フェア開催店舗情報(4)


  • 川野貴志

    編集的先達:多和田葉子。語って名人。綴って達人。場に交わって別格の職人。軽妙かつ絶妙な編集術で、全講座、プロジェクトから引っ張りだこの「イシスの至宝」。野望は「国語で編集」から「編集で国語」への大転換。

  • 感門之盟司会 水面下で譲れぬ戦い?【77感門】

    (嶋本と中村の絆の深さを証拠立てる一枚。左から、中村、渡辺高志(二日目司会)、嶋本、白川、山根)   「わかりました、中村くんは譲りましょう」   婿入りの相談か、ドラフト会議か。 実はこのやりとりは […]

  • ISIS 20周年師範代リレー [第29期 田端弥生 編集の国に住み着いたアリス]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。   ◇◇◇ オバマ再選、習近平選 […]

  • 第27期 鵜養保

    ISIS 20周年師範代リレー[第27期 鵜養保 飄々と方法をぶつけ合う神出鬼没の実験者]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。 ◇◇◇ 2012年春、東京スカイツリーが開 […]

  • 物語講座第13綴「冠綴賞」の行方【75感門】

    物語講座第13綴の「冠綴賞」は、ねじ式結晶世界文叢の竹岩直子が受賞した。今期、各賞は5人の叢衆で分け合うかたちとなり、「接戦」を制しての受賞である。残念ながら感門之盟への当日参加はかなわなかったが、受賞を知らされた瞬間の […]

  • 若手司会者の「場外」への思い遣り

    当サイトの名物記者にこの記事で「表情が硬い」と言われた感門之盟の司会者、上杉公志は遊刊エディストのコアなスタッフの一人だ。よって、当該の記事も上杉はすぐさま確認していた。   彼の表情への心配は杞憂であった。た […]