【このエディションフェアがすごい!番外編】ジュンク堂書店難波店(大阪市)

2021/08/13(金)15:38
img

 『本から本へ』から共感した言葉を抜き出したパネルを手づくりし、大阪で先陣を切って千夜千冊エディション「知祭り」フェアを開催したジュンク堂書店難波店の福嶋聡(あきら)店長。2時間近い取材に答えてくださったが、その思いは編集工学と重なる部分も多い。福嶋店長の言葉を中心に、ジュンク堂書店難波店第2弾を番外編としてお届けする。

『本から本へ』を手に、セイゴオポスターと向き合う福嶋聡店長

 

 「本はライフライン。不要不急の商品ではない」。コロナ禍で繰り返される緊急事態宣言。多くの店が休業や短縮営業を余儀なくされるなか、時短とはいえ休むことなく営業を続けた店舗が大阪にあった。ミナミの真ん中に位置するジュンク堂書店難波店だ。福嶋店長は笑顔で話す。「もともと本屋に来て、大声で話す人はいませんからね」。たしかに客は静かに本と対面し、話してもぼそぼそ小声。書店それぞれに事情はあるが、感染対策に向いた場所といえるのかもしれない。

 

 「お客さんも来てくださったんですよ」。話を聞くと来てくれたどころではない。本を求める列は、レジから書棚に沿って蛇行するように続き、ディスタンスを取りながら200メートルを超えたという。子供のためのドリルを、ふだん読めない本を、好きな作家をたっぷりと。緊急事態宣言下でも、いや、緊急事態宣言下だから人は本を求めて静かに並んだという。

 

 「本はライフライン」という言葉が実感を持って迫ってくる。

 

フェアコーナーを見下ろすようなセイゴオ「知祭り」ポスター

 

 福嶋店長は、書店に「異次元の時空間を創発」(『パンデミック下の書店と教室』より)する活動を続けている。店内で開くトークイベントもその一つ。即席ステージに椅子を並べ、書き手と読み手の接点をつくる。イベント目当てで集まる人もいれば、知らずにやってきたお客が突然、鋭い質問を投げかけることもあるという。そんな「事件」もライブの醍醐味。予定調和では終わらない。異質が混じり合って創発空間は生まれるのだ。

 

神戸大学の小笠原博毅教授との往復書簡で構成された著書『パンデミック下の書店と教室』

 

 「お客さんに飽きないこと」―書店員を続けてきた一番の理由を、こう話す。それは、書店員にとって大切なことでもある。クレームを受けることもある。知らないことを尋ねられることもある。「それを面白がることができるようになると」楽しくなるそうだ。「教えてもらうつもりで話し、怒られ慣れたらいいんです。お客が怒るのはしょうがない。でも自分は決して怒らないことです」。
 お互いが自分を正しいと主張し、話を聞かなくなると創発は起こらない。対話があってこそだ。

 

 ヘイト本も同様だと言う。「ヘイト本に賛同はできない。が、自分が正しいと思いこむと対話が成立しなくなる。対話しているうちに可能なことが出てくるのではないかと思うんです
 気に入らないからといって店頭から排除しては、相手と同じ排除なのではないか。だから反ヘイト本フェアを開いたときも、あえてヘイト本を並べたという。まずは読み、相手の言い分を聞き、考えることが大事なのだ。

 

 言葉と言葉、本と本がぶつかり合う書店を福嶋店長は「言論のアリーナ」と呼ぶ。文化の闘技場。異見がぶつかりあって、知は動き出し、創発する空間が生まれる。書店は本来そういう場であるべきなのだろう。

 

2時間近い取材にも福嶋店長の熱弁は止まらない

 

 そんな福嶋店長だが、「若い頃に古典をもっと読んでいれば」と後悔する。「先端の現代思想を読んでも、古典を読んでいないと分からないことがある。時間がある学生時代にもっと読んでおけばよかった」。学生時代に教えを受けた先生にはこう言われたという。「高く伸びるためには土台を広げること」だと。


 本から本へと続いてきたライフライン。古典を読みなさい。福嶋店長から若い読者へのメッセージだと受け取った。

 

『本から本へ』をめくる福嶋店長

 

 福嶋店長と話すと、書店員としての矜持を感じ、書店がとても編集的で魅力的な場であることを実感できる。ジュンク堂書店難波店の「知祭り」フェアは延長して8月20日まで開催している。近くの方はぜひ、お出かけください。

 

 

(写真撮影は木藤良沢)

 

Back Number

【このエディションフェアがすごい!番外編】ジュンク堂書店難波店(大阪市)

【このエディションフェアがすごい!33】丸善 日本橋店

【このエディションフェアがすごい!32】柳正堂書店 オギノバリオ店、甲府昭和イトーヨーカドー店(山梨県)

【このエディションフェアがすごい!31】田村書店 千里中央店(大阪府豊中市)

【このエディションフェアがすごい!30】紀伊國屋書店新宿本店

【このエディションフェアがすごい!29】ジュンク堂書店郡山店

【このエディションフェアがすごい!28】ジュンク堂書店三宮店(神戸市)②

【このエディションフェアがすごい!27】丸善仙台アエル店

【このエディションフェアがすごい!26】敷島書房(山梨県甲斐市)

【このエディションフェアがすごい!25】ジュンク堂書店大阪本店

【このエディションフェアがすごい!24】ch.books(長野市)

【このエディションフェアがすごい!23】丸善京都本店②

【このエディションフェアがすごい!22】ジュンク堂書店吉祥寺店(武蔵野市)

【このエディションフェアがすごい!21】平安堂長野店

【このエディションフェアがすごい!20】丸善広島店

【このエディションフェアがすごい!19】丸善津田沼店(千葉県習志野市)

【このエディションフェアがすごい!18】ジュンク堂書店三宮店(神戸市)

【このエディションフェアがすごい!17】ジュンク堂書店大分店

【このエディションフェアがすごい!16】ジュンク堂書店難波店(大阪市)

【このエディションフェアがすごい!15】ジュンク堂書店三宮駅前店(神戸市)

【このエディションフェアがすごい!14】長崎次郎書店(熊本市)

【このエディションフェアがすごい!13】スワロー亭(長野県小布施町)

【このエディションフェアがすごい!12】丸善京都本店

【このエディションフェアがすごい!11】丸善名古屋本店

【このエディションフェアがすごい!10】ジュンク堂書店名古屋店

【このエディションフェアがすごい!09】ジュンク堂書店鹿児島店

【このエディションフェアがすごい!08】丸善松本店

【このエディションフェアがすごい!07】ブックセンタークエスト小倉本店

【このエディションフェアがすごい!06】丸善博多店

【このエディションフェアがすごい!05】りーぶる金海堂クロスモール店(宮崎市)

【このエディションフェアがすごい!04】喜久屋書店小倉店

【このエディションフェアがすごい!03】ジュンク堂書店池袋本店

【このエディションフェアがすごい!02】ジュンク堂書店福岡店

【このエディションフェアがすごい!01】ブックファースト新宿店

 

千夜千冊エディション20冊突破記念フェア開催中!

 最新開催店舗情報はこちらへ▼

 EVENT 千夜千冊エディション20冊突破記念フェア開催店舗情報(8月)


  • 景山和浩

    編集的先達:井上ひさし。日刊スポーツ記者。用意と卒意、機をみた絶妙の助言、安定した活動は師範の師範として手本になっている。その柔和な性格から決して怒らない師範とも言われる。

  • 【このエディションフェアがすごい!16】ジュンク堂書店 難波店(大阪市)

    「千夜千冊エディション 知祭り」の火は大阪でも熱く燃え始めている。先陣を切ったのはジュンク堂書店難波店だ。  地下鉄とJRが直結し、ホテルが入る高層ビルの3階。1フロア約1100坪の売り場を持つ難波店は、大阪有数の繁華 […]

  • 飛び出したのは師範代だった 47[守]別院

    飛び出してきたのは師範代。グッチ金輪際教室の関口泰由だった。    「47守のみなさんが全員集合すると思うだけで   なんだかワクワクいたします」    5月20日にオープンした47[守]別院。番匠 […]

  • もしも師範が野球チームをつくったら

    お題は突然降ってくる。「景山番匠、スポーツ新聞なんだから考えてくださいよ」。[守]学匠の鈴木康代がZoomの画面越しに迫る。日刊スポーツに務める[守]番匠の景山和浩が答える。「4番はやはりシーザーですかね」「まあねぇ。 […]

  • もう1冊の「紫の火花」【75感門 京都】

    笑顔の三谷は一瞬驚いた顔をし、同様に驚いた顔をしている46[守]番匠の景山和浩と目を合わせた。スクリーンビューでは 46[守]の先達文庫が発表されている。かりぐらジョジョ教室師範代の三谷和弘が受け取った本は岡潔『紫の火 […]

  • 「無鄰菴」よりオープニング架空中継【75感門 京都】

    はい、こちらは46[守]卒門式の京都会場。京都市にある「南禅寺無鄰菴(むりんあん)」です。狭い玄関を入ると、あけ放たれた部屋越しに広い庭園が広がっています。明治の政治家、山縣有朋の別荘として建てられたもので、日露開戦前 […]